【サクラランの育て方】やってはイケないコト

さて、頂き物のホヤ(サクララン)である。


【ホヤ・カルノーサ・コンパクタ】という園芸品種。

こうして花のない時期に見ると葉だけはしっかりついているこの風情に趣があるのか無いのか。
あまり人に見せるものではなさそうだが、
私の嫁さんが、私のInstagramの投稿の中で…

このサクラランの花(昨夏咲いたもの)に一番興味を抱いていたのが
面白かった。

👇👇👇👇👇👇

キョウチクトウ科の常緑蔓性低木。
本来は、樹木の幹や岩肌につるを絡ませて生長し、
樹高30~100cmほどになるそうだ。
変な花だけど存在感バッチリ。
今年も咲かせたいな~

ひとまずは、冬場にずっと室内に取り込んでいた鉢苗を屋外に出して春の光にゆっくり当ててやる。

→夏の直射には当てず、半日陰で花を咲かせる。
ある程度の長さになったら同じ位置で繰り返し開花するそうなんで、
うっかり切り戻しなんぞしてはイケない!のだ。

昨年咲いていたのは、ココだな
👇👇👇👇👇

ココから、どう咲くんだろ?…花の形も変わっているが、この植物はそもそも変わり者だな。

●夏の直射に当ててはイケない
●花が咲いても切り戻してはイケない

忘れそうだな~

植物男子Taichi

 

ポチッと、お願いいたします~!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村