軽井沢のボタニカルカフェ【RKガーデン】でランチ

【2018年秋】愛娘との軽井沢旅!

愛娘JDと行く、軽井沢親子旅!
軽井沢の駅で借りたてのレンタカーで、国道をひた走り…

娘が最初のランチに指定した【RK GARDEN】に向かいました。

レンタカーのナビではパーキングの入り方が良くわからず苦労しました。結局お店裏のパーキングは🈵で、少し先の【追分宿駐車場】という🅿️に駐車しました。

軽井沢【追分宿駐車場】最初からここにとめた方がラク

軽井沢【追分宿駐車場】最初からここにとめた方がラク

着いてみるまで私は娘のいいなりです。ですからランチのお店がどんなところかもわからないまま「RK?それ何の略?」状態でドライバーをやらされていたのですが…、

ついてみて歓喜❗️

軽井沢【RKガーデン】

軽井沢【RKガーデン】

大型のフラワーショップと併設の、何ともお洒落なボタニカルカフェではないか!

入り口のオブジェから漂うこのシャビーシックな雰囲気

入り口のオブジェから漂うこのシャビーシックな雰囲気

娘よ、庭園ダイスキ、植物fan、の私に随分な気遣いではないか‼️
大人になったなぁ娘よ‼️

…と感激しつつ、3組ほど待ちがかかっていたので周辺を散策。

RKガーデン周辺はこれぞ軽井沢!的散策が可能

RKガーデン周辺はこれぞ軽井沢!的散策が可能

その時に娘曰く「このカフェ、テラハのロケ地で有名やねん☺️」
なるほど、そうゆうことね。娘の目的はテラハのロケ地めぐり。
でも結果オーライで、父は😉ゴキゲン😁

テラハの席と、ランチ

テーブルに案内されると、一応、【テラハの席】とやらも娘に教えてもらった。こんなことだけはしっかり覚えるんだな~と父親らしいボヤキはNG🤭

軽井沢で最初に娘が見たかったのはココ

軽井沢で最初に娘が見たかったのはココ

テラハのナントカさんとナントカさんが、このテーブルで喋ったんだそうだ。
テラハのような番組のロケ地としては確かにめちゃよさげ!な、
森の中で花と緑に囲まれ、オシャレかつボタニカルな空間。

さてこのカフェレストランは【ヴィーガン料理】にこだわっているそうな。

ヴィーガニズム(英: veganism)または絶対菜食主義(ぜったいさいしょくしゅぎ)は、動物製品の使用を行わない生活様式である。
Wikipedia

ランチは数種類。
【信州産雑穀と有機キアヌ豆腐チーズを使ったグレインズサラダ】😵ナンダソレ
キアヌと言われてもリーブスしか知らんぞ、と思いつつ良くみたら説明書きに「有機キヌア」と書いてある😅ソッチネ😁

有機キヌア=栄養バランスに優れた美味しい雑穀のこと

ま、どっちにしても良く知りませぬが👌これをオーダーしました。
ミネストローネスープがついて1500円。

【信州産雑穀と有機キヌア豆腐チーズを使ったグレインズサラダ】

【信州産雑穀と有機キヌア豆腐チーズを使ったグレインズサラダ】

11月に入って間もなくの頃でしたが寒かった😵ブランケットを拝借して膝掛けにして食事。楽しかった~😏楽しかった☺️

となりのフラワーショップ【フラワーフィールド】も覗かしてもらいもらいましたが品揃え豊富🌿🌿で大変結構でした。

併設のフラワーショップ

併設のフラワーショップ

ちなみに、冒頭で書いたRKガーデンのRKって、ここのサイトのアドレスrustic-kitchenの略だろうね、きっと。rustic-kitchen=素朴な(質素な)キッチン、ですね。

植物fan.TaiChi

ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。