桜満開ですが【アセビ】の話。

本日の気温4℃~19℃
若干早めの桜が満開を迎えている。

街中が百花繚乱の佇まいを見せ始める頃、
なかなか地味ながら良い味出してくれる小さな白い花。

【アセビ(馬酔木)】である。
拙宅の近所に、あせび公園という名の公園がある。
嫁さんは最近まで、あせび公園の名前の由来がわかってなかったようだ

アセビの大株がひとつ植えられている。

そこそこの大株なのに
今ひとつ目立たない。
存在感に欠けているのだ。

アセビの存在感を感じたのは、
東京銀座の【ギンザシックス】の屋上庭園

ここはユキヤナギ、レンギョウと並べて植えていたアセビが、
素晴らしい存在感を示していた。

それぞれが素朴な花木でも並べてみると華やかになる。
ガーデニングの妙味のひとつ。

植物男子TaiChi