香りが最高!殿堂入りだが覚えにくいバラ【ドゥフトボルケ(フレグラントクラウド)】このバラが欲しい!

独特の彩りと香りが素晴らしいバラ

殿堂入りのバラ【ドゥフトボルケ(フレグラントクラウド)】

殿堂入りのバラ【ドゥフトボルケ(フレグラントクラウド)】@生田緑地ばら苑

同じ『殿堂入りのバラ』でも、このバラの名前は正直覚えにくくないですか?
…と思っていたら、このバラの【ドゥフトボルケ】という名前には、直訳された【フレグラントクラウド(Fragrant Cloud)】という英名があるんだそう。

作出された1963年に比べたら、クラウド=雲、っていう言葉には私たちも随分なじんでますもんね。
「香りの雲」っていわれると、なんだか親しみがわきます。
ちなみに1981年にエルサレム(イスラエル)で開かれた、第5回世界ばら会議でこの【ドゥフトボルケ】は殿堂入りしています。

その素晴らしい香りが、銅色を含む独特の花色と相まって評価されたのでしょうね。

バラ【ドゥフトボルケ】

バラ【ドゥフトボルケ】@生田緑地ばら苑

バラ【ドゥフトボルケ】とは?

【和 名】ドゥフトボルケ(Duftwolke)
【英 名】Fragrant Cloud(フレグラント・クラウド)
【系 統】HTハイブリッドティー
【花の大きさ】大輪 (花径10cm)
【花の色】朱色~赤
【花の形】半剣弁高芯咲き
【香 り】強香
【咲き方】四季咲き
【樹 形】木立性 半直立
※樹勢は強い方で半直立状に丈夫に育ちます。
【樹 高】1.2m
【作出国】ドイツ(タンタウ)
【作出者】Mathias Tantau, Jr.
【交配親】Prima Ballerina × Montezuma
【作出年】1963年
【病害虫】うどんこ病、黒点病に注意
【用 途】がっしり育つ。どちらかと言えば花壇に向く。




【ドゥフトボルケ】園芸家の評判は?

秋までそこそこ返り咲くし、1m程度とコンパクトで、黒点には少しかかるが強健。
咲き始めたら、まっすぐに香りの雲の中へ。ほんとにすばらしい香り、あとハイブリット ティーにしては花数が多いのもうれしいバラだ。

香りのバラを集めるなら絶対に外せない品種。
ドフトボルケに肩を並べるのはフラム、ジュードジオブスキュア、シャリファアスマ 、真宙など、超強香のバラだけ。
香質はダマスクとティーが2:3でブレンドされた濃厚なフルーツ香。
シャープな感じではなく、モワ〜ンとした感じ。
ブドウ味のガムのような香り。

暑さに弱く、高温期に下葉が落ちやすいバラ。

植物Fan.TaiChi
関連記事歴代の【殿堂入りのバラ】17品種を総チェック!和バラは入ってるのか?

世界バラ殿堂入りの名花【クイーン・エリザベス】京都府立植物園 バラ園にて☺️イイネ

歴代の【殿堂入りのバラ】17品種を総チェック!和バラは入ってるのか?

2019.11.08

ランキング参加中です。ポチッと、お願いいたします~!

バラ【ドゥフトボルケ】の通販

バラ【ドゥフトボルケ】の通販
created by Rinker
Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。