ワルとバカ?!凶悪草花連合。

 

京都の街を散歩していると、【ワルナスビ】の群生に出会った。
皆様、【ワルナスビ】はご存知だろうか?

実は【ワルナスビ】に出会ったのはこの日が初めて。
ちょっと気持ちアガり気味の中、記念にパシャっと1枚。

しかしこの【ワルナスビ】、パッと見はそんなヒドい名前をつけられる姿には見えない、むしろ小ぶりの薄紫色した花は決して悪印象ではなかったのだ。

この【札付き】の悪名を受けてそれでも街中で咲き続ける【ワルナスビ】について色々と知りたくなり、ググってみた。

すると、セカンドワードに、なんと【テロ】と出てくるではないか!

【ワルナスビ テロ】

なんでもこの【ワルナスビ】は一度生えると
根絶は【竹】並みに不可能といわれるほど厄介な草花らしいのだ。

我が家の厄介者【ドクダミ】よりも繁殖力が強い!という説も有るらしい。

引っこ抜くにもトゲがあって抜きにくいんだとか。
パッと見では気づかなかったが…
で、近所に生えているといずれ鳥が食べたタネが糞を介して繁殖するそうだ。

とにかく評判が悪いワルナスビだが、もうひとつろくでもない評価がそのまま名前になっている可哀想?なナスがいる。ご存知だろうか?

【バカナス】である笑

2つ並べてこの名前を味わうとコントにでもなりそうである。
どちらも実は有毒なんだそうだ。

ワルナスビにはトゲがあるのが、【ワル】と【バカ】の差なんだろうか。
因みに【バカナス】は自宅に生えている。黒い実がシックで悪くない。まぁ放置するとロクなことにならないのだろうな…

植物男子TaiChi