街じゅうで見かけるようになった…このユリは?

ここ数年で爆発的に増えた、白ユリ

自宅から駅への道中で毎年見かける、
ゆりの群生。

ちょっと不思議なくらい、毎年しっかりと咲く白ユリたち。

ちょっと不思議なくらい、毎年しっかりと咲く白ユリたち。

 

街中でこのユリをみかけるようになった…

街中でこのユリをみかけるようになった…

真夏の時期に、街のどこでも見かけるようになったこの白ユリ。

純白の花のように見えますが、花弁の外側に
薄い紫のスジが入っているので、
【タカサゴユリ】で間違いないと思います。

タカサゴユリは、外来種

タカサゴユリ 和めるんですが…

タカサゴユリ 和めるんですが…いつの間にか斜面じゅうに広がってます。

タカサゴユリという名前は「タイワンユリ」という意味のようです。

台湾を意味する古称である高砂国に由来する。原産地の台湾では「台湾百合」(台灣百合)、「高砂百合」と呼ばれている。なお、テッポウユリとの類似性から日本では「ホソバテッポウユリ」と呼ばれる場合もある。
(Wikipedia)

いったん根付くと、なかなかしぶとく生え続けるようです。

種子を多くつけ、風で運ばれて分布を拡げる。水はけがよく明るい草原や荒地などに到達すると根付いて葉を伸ばすが、初年度は茎や花を出さずに数枚の葉を出すだけで球根を太らせ、球根が充分太ると翌年度以降に茎を伸ばして大型の花をいくつも咲かせる。(Wikipedia)

リュウノヒゲの間にも、そして、苔の間からももうどこからでも芽を出してきます。これって、【世界の侵略的外来種ワースト100】に入っているのかな?もし、入っていないのなら、次〔101〕に選ばれる植物かも?

素朴でいいから自宅で放置している、という記述も多々見かけますが、
ちょっと危険な気もします。

ドクダミのように、邪魔ならさっと抜けるならいいんですが。
カタバミ並みに抜きにくいと…困ったもんです。

植物fan.Taichi

タカサゴユリ

こうなってくると邪魔に思う人も…?

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。