使い方次第☺️【ミセバヤ】の育て方チェック

ミセバヤは、と~っても丈夫な植物。

ミセバヤの花

ミセバヤの花

多肉植物の一種。Wikipediaには【多肉性の宿根草】と表現されていますね。

【ミセバヤ】名前の由来

昔の歌人がミセバヤ(見せばや)  =見せたいと詠んだ、と聞いてましたが、そんな歌ないぞ~🤔

調べてみたら…
高野山の僧が和歌の師匠の冷泉為久卿にこの植物を送った際に「君に見せばや(あなたに見せたい)」と書き添えがあったことから【ミセバヤ】と付いた。

…お坊さんのメモ、だったなら納得😊
個人的にはもっと人気が出ていいのにと思います。

関連記事:ミセバヤ11月の開花~紅葉と百人一首

【ミセバヤ】とは

【学 名】Hylotelephium sieboldii
【英 名】Siebold’s stonecrop
【和 名】ミセバヤ
※古典園芸植物の一つであり、玉緒(たまのお)とも呼ばれる。
【科・属】ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属(セダム属)
【原産地】日本
古くから観賞用として栽培され,小豆島に自生するとも本州北部が原産地だともいわれている。

【開花期】10月~11月

手前はダイモンジソウ。花の時期が同じ。

ミセバヤ開花@10月 手前はダイモンジソウ。花の時期が同じ。

【特徴・草姿・草丈】
耐寒性◎耐暑性◎
秋に咲くピンクの花が楚々として大変可愛いのですが、冬のロゼッタ状態もちいさな花のようで可愛らしく、3~4月ににょきにょきと新芽を伸ばして来る様にも毎年癒されます。

冬に地上部を枯らすと、株元には小さな芽がスタンバイ

冬に地上部を枯らすと、株元には小さな芽がスタンバイ

ミセバヤの育て方

置き場所・環境

1年中日当たり&風通しのよい環境推奨。丈夫な植物なので、暑い夏も寒い冬もOK
放射状に伸びる枝葉が下に垂れるので、深めの鉢植えか、スタンド仕様に。
若しくは、水しぶきに見立てて🤭

ミセバヤを水しぶきに見立ててみた

ミセバヤを水しぶきに見立ててみた

 

水やり

多肉性なんで多少は乾燥気味推奨。といって、いわゆる多肉植物みたいに水やりを控える訳ではない。
乾いたらたっぷりでOK。

肥料

肥料はあまり必要とはしません。
春と秋に月2回程度、緩効性化成肥料若しくは薄目の液肥を施します。

その他管理方法

植え替え

ある程度大きくなるまでは成長が早いので、2~3年に1回は植え替えをします。春の芽出しが確認できる3月下旬から4月下旬まで推奨。

増やし方

株分けか挿し芽。個人的には挿し芽推奨。

株分け:植え替えの際についでに行うのが吉。分ける株はある程度ボリュームがないと育ちにくい。根を多めにつけて、手で引いて割れる程度に分けます。

挿し芽:来期の葉芽をきちんとつけさせるなら、挿し芽時期は5月~6月上旬。秋でも根付けば、挿し芽が出来ないことはない。
関連記事:ミセバヤの育て方【挿し芽】@9月

うまく育ちますよう…植物fan.TaiChi