《ポンパドゥールピンク》が美しすぎる強香のバラ【ローズ ポンパドゥール】このバラが欲しい!

《ポンパドゥール夫人》て誰?《ポンパドゥールピンク》って、どんな色?

まずは、《ポンパドゥール夫人》から…

ポンパドゥール夫人(仏: Madame de Pompadour)ことポンパドゥール侯爵夫人ジャンヌ=アントワネット・ポワソン(仏: Jeanne-Antoinette Poisson, marquise de Pompadour, 1721年12月29日 – 1764年4月15日)は、ルイ15世の公妾。

公妾たるその立場を利用してフランスの政治に強く干渉し、七年戦争ではオーストリア・ロシアの2人の女帝と組んでプロイセン・イギリスと対抗した。

国王のおめかけさん、というのが公的に存在していたのにもビックリですが、そのポンパドゥール夫人が戦争のリーダーとして国を動かしていたというのもスゴい歴史的事実ですね。

そんな夫人が愛した色が、《ポンパドゥールピンク》
例えば、このティーカップの色…

当時、ポンパドール夫人が天性の芸術的センスで
フランス産の美しい磁器を造ろうと
王立窯として支援したのが《セーヴル窯》
今も国立セーヴル陶磁器製作所として存在します。
そこで夫人が好んで使った色がこの《ポンパドゥールピンク》というわけです。

バラ【ローズ ポンパドゥール】とは?

【ローズ ポンパドール】@万博記念公園平和のバラ園

【ローズ ポンパドール】@万博記念公園平和のバラ園

【和 名】ローズ ポンパドゥール(ポンパドール)
【英 名】Rose Pompadour
【系 統】S シュラブ
【花の大きさ】大輪 (花径10~12cm)
【花の色】ラベンダーピンク(ポンパドゥールピンク)
【花の形】ディープカップ~ロゼット
【香 り】強香
【咲き方】四季咲き
【樹 形】木立性 横張り性
【樹 高】1.5m
【作出国】フランス(デルバール)
【作出者】Delbard
【交配親】不明
【作出年】2009年
【病害虫】うどんこ病、黒点病に注意
【用 途】がっしり育つ。どちらかと言えば花壇に向く。
【受賞歴】2011年越後丘陵公園「第5回国際香りのばら新品種コンクール」銀賞。

艶やかなポンパドゥールピンクのカップ咲きから、開くにつれ淡いラベンダーピンクのロゼット咲きに変化する。特に魅力的な芳香品種のひとつ。淡い緑の枝葉は繊細に見えるが耐病性が強く良く茂る。四季咲きのショートクライマーとしてアーチやオベリスク仕立てにすると魅力を最大限に発揮する。強剪定にも耐えるので鉢植えでも楽しめる。名はロココ時代に侯爵夫人が好んだ「ポンパドゥールピンク」から。(デルバール社のサイトより引用)





【ローズ ポンパドール】@万博記念公園平和のバラ園

【ローズ ポンパドール】@万博記念公園平和のバラ園

【ローズ ポンパドゥール】園芸家の評判は?

照り葉のしっかりとした葉は、うどんこ病にかかったことはありませんが、黒星病にはしょっちゅう罹患します。ただ、黒星がでても葉を落とさず蕾さえつける底力があります。

香りが抜群。フルーツ臭?らしいが、自分はあまり匂いの区別はつかない。出勤前と帰宅時に爽やかな香りを嗅ぐと幸せに包まれる。

やや横に広がりますがベランダでもOKな樹形ですよ。細めの枝なのに、夏場でもポツポツ花をつける強さがあります。バランスの取れているバラなので、初心者の方におすすめです。

【ローズ ポンパドール】@万博記念公園平和のバラ園

【ローズ ポンパドール】@万博記念公園平和のバラ園

植物Fan.TaiChi

バラ【ローズポンパドゥール】の通販

バラ苗 【ローズポンパドゥール】(デルバール)の通販
created by Rinker
関連記事プリンセスのバラ【マサコ】このバラが欲しい!!
現・皇后のバラ【マサコ】中之島公園 バラ園にて☺️イイネ

プリンセスのバラ【マサコ】このバラが欲しい!!

2019.07.13

ランキング参加中です。ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。