大人気!殿堂入りのつるバラ【カクテル】🌹悲劇の大女優と共に…このバラが欲しい!

Last Updated on 2024年4月28日 by Taichi

バラ園に【カクテル】在り!

今や、カクテルのないバラ園はない、とさえ思えるくらいの存在感。伸長力が強く多花性で、バラと思えない花形が個性的であり、バラを育てるならまずは【カクテル】から、と思う植物園が多いのではないでしょうか。

バラ【カクテル】@生田緑地ばら苑

バラ【カクテル】@生田緑地ばら苑

赤と黄のカクテルが美しいバラ!その名も【カクテル】

赤と黄のカクテルが美しいバラ!その名も【カクテル】中之島バラ園にて。

一重平咲き、赤と黄色のその姿🌹が独特で、所謂一般的なバラとは一線を画している【カクテル】。
バラらしくない花姿が美しくて好きなバラです。



つるバラ【カクテル】とは

【和 名】カクテル(コクテール)
【英 名】Cocktail
【系 統】Sb シュラブローズ(半つる性)

半つる性のシュラブ。よく伸びるので、日本では主につるバラとして使用されます。育てやすく、フェンスやアーチ仕立てなどに向いています。

つるバラ【カクテル】@長居植物園バラ園

つるバラ【カクテル】@長居植物園バラ園

シュラブローズ【カクテル】つるバラとしても◎

シュラブローズ【カクテル】つるバラとしてフェンスに

【カクテル】見せ方も様々@生田緑地ばら苑

【カクテル】見せ方も様々@生田緑地ばら苑

また、【カクテル】仕立て方によって木立ちの樹形にしたり、フェンスに添わすことも可能です。
木立性のバラ同様に冬の強剪定で切り詰めれば木立樹形になります。

【カクテル】木立樹形にも仕立てられる

【カクテル】木立樹形にも仕立てられる

【花の大きさ】中輪 (花径5cm~7cm)
【花の色】赤 中心部が黄色~白に
【香 り】 微香
【咲き方】 四季咲き
【樹 形】シュラブ~つる性
【樹 高】2m~2.5m位には生長します。

バラの歴史に名を残す超ポピュラーな品種。つるバラながら四季咲きで春~秋まで次々と咲きます。
中心部の花色が開花につれて黄色から白に変化し、非常に目立つ花色。満開時は株を覆うほどの花を付けます。
香りは少ないのですが、花つきもよく、くり返し咲くため、長い間楽しめます。
トゲは少なく耐久性に優れています。初心者におすすめの丈夫なバラ。

【作出国】フランス France
【作出者】Marie-Louise (Louisette) Meillandメイアン
【交配親】
(Independence×Orange Triumph) × Phyllis Bide
【作出年】1982年

作出年に没した名女優「ロミー シュナイダー」に捧げられたバラ。

女優 ロミー シュナイダー(Romy Schneider)とは

ロミー・シュナイダーは、オーストリア・ウィーン出身の女優。当時の西ドイツ、フランスの映画界で活躍した。出演した映画の数は60本を超える。
Wikipedia


(楽天)

映画界での華やかな活躍に反して、彼女の43年間の私生活はけっして平担ではなかった。
アラン・ドロンとの激しい恋と別離。自殺末遂。その後のさまざまな男たちとの不幸な恋。息子の無残な死。最初の夫の自殺。

1982年5月パリで謎の死をとげる。

🍸カクテル好きだったかつての名女優を悼んで、仏メイアン社が美しいツートーンカラーのバラに「カクテル」と名付け、捧げたそうです。

2015年「バラの殿堂 (Rose Hall of Fame)」入りしました。



【カクテル】園芸家の評判は?

2000年頃もっとも売れ筋の
人気のツルバラでしたね~♪
言われてみれば
一世風靡した薔薇に魅せられ
それに惹かれた私でした…(笑)

一世を風靡したバラ。ピエールド ロンサールがガーデニングブームを引き起こす以前は、ツルバラといえばこれだったはず。

当園は、今のようにネット販売をはじめる以前(数十年前)は、市場販売が主だった時代がありました。そのなかで、「カクテル」1品種のみ生産し販売した年もあったんですよ!それほど、多くの人を魅了する品種です。

ピース、カクテル、ピエールドロンサール…ほか5品種がバラの殿堂入りを果たしているメイアン社。
メイアン一族おそるべし!笑
このバラ欲しいなぁ~😌
植物fan.TaiChi

バラ【カクテル】の通販
created by Rinker

関連記事:シリーズ『このバラが欲しい!』一覧

ポチッと、お願いいたします~!




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。