adsbygoogle

 

本日の気温、2〜11℃。
もう少しの辛抱…春はスグソコである!
さぶい冬の間は、このビタミンカラーに大いに救われました。


↓↓↓↓


ビオラ。各ご家庭で大活躍中のことと思われます。

さてさて黄色い花といえば最近、

或る所にて発見した素敵すぎる?ビタミンカラーの切り花。
思わず撮影…
↓↓↓↓

これはユリ?と思いつつこの写真をInstagramにあげたら…
これは【アルストちゃん】だ、
というコメントを頂いた。

アルストちゃん?

正式名は…
【アルストロメリア】


 

う〜ん、恥ずかしながらこの花に関して知識がなかった。

で、調べてみた。

●球根植物

●原産地から【インカのユリ】とも呼ぶ。
●たくさんの品種と花の色がある。
●花期も品種によって色々。
●アルストロメリアのうち、或る品種を
【ユリズイセン】と呼ぶそう
●高温多湿が苦手→品種改良が進んでいる

●うまくいけば植えっぱなしOK


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

なぜ、【アルストロメリア】なんてゆう名前がついたのか?
(それホンマでっか?!と言いたくなるストーリーだが…
)

この花を発見した植物学者の【親友】の男爵の名前が
アルストロメール(アルステーマ)
だった、と或るサイトに記述がある。

親友?パトロンだったのかな?

因みにこの植物学者はスウェーデン人のカール・フォン・リンネ
「分類学の父」と称される高名な方なのだそうだ。

てことは、自分の名前をつける程ではない、と判断したとか…?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

花の色で花言葉が異なる?!
→彩りに応じて別々の花言葉があるそうだ。
黄色は【持続】なんだそうだ。

ウンチク色々。面白くなってきた。
夏越しし易い品種を入手したいものだ。

植物男子Taichi

 

 

関連キーワード:アルストロメリア,育て方,花言葉,

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

《楽天市場》