【イロハモミジの育て方】12月中には剪定を!

ぽつりと、小さな紅葉が

タネにも個性がありまして…

『原種シクラメンをタネから育てるのは、なかなか難しそうだ』と先程当ブログに記述しましたが、一方我が家では【モミジのこぼれダネ】がバンバン発芽します。

モミジの小さな紅葉。これが結構癒されるのですo(^-^)oイイネ




自宅周辺での【こぼれダネチャンピオン】は、
イロハモミジとシマトネリコが双璧です。

イロハモミジのこぼれダネのもとは…
ウチの裏の通路を塞ぐように大きく育っている 、イロハモミジの木。

拙宅のイロハモミジ 紅葉中

拙宅のイロハモミジ 紅葉中

今日もまだ半分は紅葉を残して鮮やかな紅色を放ってくれました。

モミジの剪定時期を誤らぬようご注意!

さてこのモミジの木ですが、【落葉したら、なる早で剪定!】です。

再び生育が始まると、水が枝に上がってきて剪定が樹木に悪影響を与えるのです。

剪定のやり方は、
先っぽをパチパチ切ると枝先からいっぱい小枝が出てブサイクになるので、
どれを切るにも枝元を切るのがよろしかろう。

以前のブログに、画像と共に書いたので…ご参考に。
👇👇👇
年内必須!紅葉モミジの剪定術。

紅葉ダイスキ!
癒しのナチュラルガーデンより
植物fan.TaiChi

関連記事【京都 紅葉の旅】詩仙堂&カフェ

色づく秋の京都 詩仙堂

【京都 紅葉の旅】詩仙堂&カフェ

2016.11.19

ランキング参加中です。ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。