【花冷え】と、原種チューリップ

今日の気温7℃~17℃

今日も寒暖差で朝は若干寒く感じましたが、
先週末の春の嵐とも言うべき寒さは
ガーデナーには厄介でしたね~(v_v)

丁度この「嵐吹く頃」に花を咲かせてしまうのが、
我が家の【原種チューリップ】


特にこの春は、この原種たちが咲くと同時に
冷たい風がビュービュー吹いて
原種チューリップが皆
「痛そう」にしているように見えて可哀想…
で、鉢植えは軒下に非難。

春爛漫、桜の頃に急に冷え込むことを季語で
【花冷え】と表現するんだそうな。

 花冷えの燗あつうせよ熱うせよ   

   昭和38年 久保田万太郎の句

こういうのはいいね~。古の方々の表現はやっぱり粋ですね。

やりきれない寒さを、
ウイットに富んだ丁寧で優しい言葉で
上手くいなしているようです。

花冷えにむかひてすましチューリップ

…なんてね。

植物男子TaiChi


 

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。