微妙な紅葉がオシャレなシルバーリーフ【ホワイトソルトブッシュ】の育て方

カワイイ、シルバーリーフ【ホワイトソルトブッシュ】

キレイに手入れされた公園の植栽でみかけた、【ホワイトソルトブッシュ】
小さなシルバーリーフがとてもカワイイ植物。オーストラリア原産です。

シルバーリーフ【ホワイトソルトブッシュ】

シルバーリーフ【ホワイトソルトブッシュ】

冬の【ホワイトソルトブッシュ】は、葉の一部が紅葉して増々カワイイです。

【ホワイトソルトブッシュ】葉の所々が紅葉している

【ホワイトソルトブッシュ】葉の所々が紅葉している

【ホワイトソルトブッシュ】とは

学 名:Rhagodia hastate(ラゴディアハスタータ)
和 名:ホワイトソルトブッシュ
英 名:Whitesaltbush
科・属:ヒユ科
原産地:オーストラリア
草 丈:約1m
開花期:4~5月
花の大きさ:極小
耐寒性:◎ 霜にも耐えます。
耐暑性:○
耐陰性:○
特徴・草姿
ソルトブッシュと呼ばれる植物はいくつかあり、『塩に強い植物』全般を【ソルトブッシュ】と呼んでいるようです。この【ホワイトソルトブッシュ】は何といってもシルバーリーフが魅力的。小さな葉がハート型だったりモミジ型だったり…微妙に形の違う葉が冬には一部紅葉して独特のキレイな色彩を放ちます。

【ホワイトソルトブッシュ】

独特の形【ホワイトソルトブッシュ】の葉

【ホワイトソルトブッシュ】の育て方

環境

日陰にも比較的耐えられますが基本的には日向で育てるべきです。シルバーリーフが美しい状態を保つためには、日当たりはとても大事です。

用土

荒地で育ってきた植物。なので肥沃である必要はなく、水はけがしっかりとした用土がよいです。通常の培養土を使うなら、3割くらい軽石や赤玉土など加えるとよいです。

水やり

鉢植えなら、乾いたらタップリ。露地植えは基本必要なし。

肥料

あまり必要としません。春と秋に緩効性肥料を少量。

植え付け・植え替え

適期は4~6月。

植物fan.Taichi

関連記事ポイントは《切り戻し・植え替え》ウエストリンギアの育て方チェック

ウエストリンギアの花@4月

ポイントは《切り戻し・植え替え》ウエストリンギアの育て方チェック

2019.04.25

ランキング参加中です。ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。