ネムノキといえば…「この木なんの木」?

近所の公園に、いつの間にかデン!と居座っている2本のネムノキ。

近所のネムノキ

近所のネムノキ いつのまに…?

近所の【ネムノキ】あっという間に場所を確保した

あっという間に場所を確保した【ネムノキ】

この6月にはフワフワとした赤い花を咲かせて和ませてくれます。

ネムノキの開花

ネムノキの開花

ネムノキとは

ネムノキ(合歓木、合歓の木、Albizia julibrissin)はマメ科ネムノキ亜科の落葉高木。別名、ネム、ネブ。Wikipedia

花後に落ちてくる莢(さや)を見れば、ネムノキがマメ科であることにナットク。

和名のネムノキは、夜になると葉が合わさって閉じて(就眠運動)眠るように見えることに由来する。漢字名の「合歓木」は、中国においてネムノキが夫婦円満の象徴とされていることから付けられたものである。

眠りの木⇒ネムノキ、なんですね。

ネムノキ ネムの花

ネムノキの花 薄紅の部分は雄蕊

マメ科ネムノキ亜科といえば…

マメ科、ネムノキ亜科に関連してパッと思いつくのは二つ。

ひとつは、オジギソウ。

お馴染みの、触ると葉を閉じるヤツ。昔、育ててましたが大きくなるとトゲが鋭くなってびっくりします。

もうひとつは、エバーフレッシュ。

エバーフレッシュは別名「アカサヤネムノキ」
科・属は【マメ科 ピトヘケロビウム属】
さわってもお辞儀はしませんが、夜になると葉を閉じますよね。

「この木なんの木」はネムノキ

かの有名な日立グループのCMソング
↓↓↓↓↓↓

全部聞くと『こんな歌だったんだ』と思いますね。
作曲された小林亜星さん、つい先日、亡くなられたとニュースが伝えてましたね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

で、この木なんの木?かというと
ハワイ・オアフ島のモンキーポッド=【アメリカネムノキ】なんだそうで。

最も有名な『日立の樹』は、ハワイ・オアフ島にあるモンキーポッドの大樹であり、1975年 – 1979年の2代目CMで用いられた後、下記のマンゴーの木等に変更されたが、その後も視聴者の要望で1984年以降は一貫してこのモンキーポッドが使用されている。この木は、ワイキキから車で30分ほどのダニエル・K・イノウエ国際空港に程近いモアナルア・ガーデンという公園にある。同公園には『日立の樹』と同種の木が多数ある。Wikipedia

アメリカネムノキは、ネムノキ同様夜には葉を閉じるんですが、花も葉も含めてネムノキより大づくりなんだそうです。

植物fan.Taichi

関連記事
シンボルツリーNo1【ヤマボウシ】

シンボルツリー【ヤマボウシ】5月中旬の姿

シンボルツリーNo1【ヤマボウシ】

2021.06.12

ランキング参加中です。
ポチッと、お願いいたします~!

Pocket
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

植物&庭園が大好きなサラリーマンガーデナー。植物たちの育て方を学び、第2の人生は手作りの庭で植物たちに囲まれて四季を感じながら過ごし、人生を終えたい。 さてその庭は、和庭か?イングリッシュガーデンか?場所は?日本?海外?…悪戦苦闘、ドタバタボタニカルライフに多少なりとも共感していただける方はぜひブログを御覧になってくださいませ。