adsbygoogle



本日の気温1℃〜10℃

寒いっっ!

 

こんな冬の日に、
日溜まりで美しく咲いてくれてる
冬バラ…

 

 

切れないんですよね〜
貧乏性というか、
勿体なくて剪定できない。

さて、

この時期にバラを愛でていると、

バラ苗の枝が赤くなっているのに気づきます。

 



枝が赤い…
おかしい…
このバラ、
枯れるのかな?

と、
昔は心配になったものです。

バラ苗の枝が赤くなる理由を

簡単に書き記しますと…

気温が低くなると、
バラは凍結防止のために

アントシアニンを生成する。
 

 

アントシアニン(anthocyanin)は、
植物界において広く存在する色素、アントシアン
(英:anthocyan、果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)
のうち、

 

アントシアニジン(英:?anthocyanidin)が

アグリコンとして糖や糖鎖と結びついた

配糖体成分のこと。

高等植物では普遍的な物質であり、

花や果実の色の表現に役立っている。

フラボノイドの一種で、

抗酸化物質として知られる。
 

(Wikipedia)

 

〜冬になり気温が下がると、

バラはバラ自身の糖濃度を上げて

寒さに耐える。

その為のアントシアニン。

そのアントシアニンの色によって

バラの枝が赤く見える。

 

バラ苗の枝が赤くなるとバラが冬を感じている、

ということで、
バラが休眠期に入る目安になります。

 

 

※秋の紅葉のメカニズムも、

このアントシアニンが関係しているそうです。

 

さてウチのバラ苗ですが、もうひとつ。

同じ苗なのに枝の色が全然違う。

👇👇👇👇



日に当たっている側だけが、

枝も葉も赤くなっています。

コレはアントシアニンの合成に

紫外線が影響しているため。

じいっと動かない植物たち。
でも生きてて、
なかなか深くて

面白い。

 

ちなみにこのバラは、

年明け1月中に剪定予定にします。



植物男子Taichi

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ にほんブログ村

 

 JUGEMテーマ:バラと暮らす

《楽天市場》

 

私のガーデニングの歴史は

この白バラと共に始まった、

といっても過言ではない。

 

2007年に苗を購入した、白いバラ。

 

 

美しく可憐、白いカップ咲きの

ポリアンサローズ

 

その名も

シュネー プリンセス[Sneprincesse]

 別の呼び名:シュネ・プリンセス

        スノープリンセス

        白雪姫

 

オランダ Grooten dorst 1946年

 

当時このバラを購入した

茨木市の彩都にあった園芸店も今はなく…

時の流れを感じます。

 

2007年に、この白バラを

購入した頃の記事がコチラ。

👇👇👇

シュネ・プリンセス

 

実はこのシュネプリンセス、

購入した鉢を土の上にそのまま乗せて、

根鉢が伸びて動かなくなる、という

よくある、というか、ヒドイ、というか…

 

 

初心者丸出しのまんまなんですが

ただ、このいい加減な置き方で

 

→知識がないまま露地植えにして

根腐れを起こすこともなく

 

→鉢の中で根を伸ばせずに根詰まりを起こして

死んでしまうこともなく

(相当詰まってるんでしょうが)

 

兎に角10年、

毎年、多寡の違いはあれど

カワイイ白い花を

咲かせてくれているんです。

 

もはや、

植え替えをしていいのかどうかも

わからなくなりつつありますが

 

少しづつ弱っている気はする💦

ので、今年こそ

植え替えをしてみようかと思います。

 

兎に角、

10年つきあってくれてありがとう。

なんとかこれからもよろしく!

 

植物男子Taichi

 

《楽天市場》

 

【バラ/薔薇】秋大苗「シュネー プリンセス[Sneprincesse](Pol)...

 

 

ポチッと、お願いいたします〜!

(画像は昔、

 虫にやられたウィンチェスターキャシードラル)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:バラと暮らす

大阪 中之島公園のバラ園で出会った、
この上なくシックで穏やかで、
かつエレガントな佇まい。

 



この花の名前は【ジュリア Julia】

MEMO

和名 ジュリア
英名 Julia
系統 HT ハイブリッドティーローズ

作出年 1976年
作出国UK (イギリス)
作出者 Wisbech Plant Co.


花の大きさ: 大(10cm~)

 

花の色: 淡いオレンジ系ブラウン
 「ミルクティー」と呼ばれる個性的で繊細な色合いが魅力。

 

咲き方: 四季咲き 半剣弁高芯咲

 

樹形は細くしなやかな枝で半直立性、

樹高1.3m〜1.5m程度に成長します。
 

香り: 微香
さわやかなティーローズの香り。

 

交配親:
Blue Moon ×Dr.AJ.Verhage

→→→この茶系のバラが
あの青い(淡い紫?)バラの
ブルームーンから
生まれたバラとは…
バラの世界は深い(v_v)

 

ジュリアの正式名称は
「ジュリア クレメンツ ローズ」

イギリスのフラワーデザイナー、ジュリア・クレメンツ
(Julia Clements1906-2010)
に捧げられたバラ。

この方、104歳まで生きられたんですね…

長寿のバラ、だったりして??


 

また「ハイブリット・ティー・ローズ」系は
花が開ききってしまうと

見苦しい事が多いのですが、
この「ジュリア」は
半八重と呼ばれる
花びらが少ない花の種類なので、
シベが見えるくらいに花びらが開いても
上品な美しさがあります。

開ききった後、散り際までも、
風情があって美しいとは…

 

(v_v)ソンナヒトニナリタイ

やや耐病性に劣り、
黒星病など注意が必要。

泥っパネなどは無理そうなので、

ベランダで大きめの鉢植えで育てるのが良さそう。

植物男子Taichi



 

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

関連記事:

●【バラの育て方】秋バラの手入れと驚異の新作バラ

 

●クラシカルで堅実?バラ【レオナルド・ダ・ビンチ】

 

●多花性で丈夫【失敗しないバラ!】

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

秋バラの小ぶりで楚々とした感じ…



佳きかな〜

写真は拙宅の【レオナルド・ダ・ヴィンチ】

さて先日、地元のテレビ番組(サンテレビ)で
バラの専門家の小山内健さん(京阪園芸)が
【秋のバラの手入れ
について語っていたので…

o(^-^)oワクワクメモメモ

◎秋のバラは【弱剪定】が良い

花の真下、3枚葉をつけて切る程度

新芽が下にあれば、
ソイツを優先して
深めに切るのもアリ。

◎ほどほどに、寒さにあてて【休眠】を

 

これが、バラ苗に花を沢山つけさせる

大事な要件なんだそうな。
休眠期でも【日当たり】は良いところに!

室内に持ち込んだりしてはダメ。

◎水やりもほどほどに

 

秋以降は兎に角
【やり過ぎ】が良くない。
乾かし気味で充分!

※それから…これがメッチャ気になったのですが

 

バラドクター小山内氏が
20年ぶりに満を持して出した新作バラ
の話。

その名も【フィネス】

 

 

トゲが少ない

●香りが抜群に良い
●花つきが良い

まさにfine!
→仏語でfinesse

いいなぁ!

欲しいな〜!

 

植物男子Taichi

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:バラと暮らす

本日の気温23℃〜30℃


基本ドンヨリだが晴れ間もある。

朝方は日差しがなくて風が心地よかったが

午後はクーラーを入れてしまう…

もう7月か。早いな〜!
今日北陸の皆さんは集中豪雨で

大変そうだなぁ…お気をつけて。

さて、7月に入って拙宅のミニバラは

2番花を開花させている。

 

4月の1番花。

 


昨冬12月の剪定作業

バラの花と【泣き泣きお別れ】》のあと、

きっちり開花してくれて…

5月の半ばにはこんな感じだった。



この1番花のあと、6月に入る前に

実はこのバラ苗、《鉢増し》をしている。
 

終わった花柄をすべて摘み、

根が傷まないように、そ〜っと鉢から出して、

土を加えてやる。

5号鉢→6号鉢への地味な鉢増しだが、

結構根が詰まっていたので効果大。

10号の鉢くらいまでは

《鉢増し》は効果がありそうだ(*^^*)

 

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:バラと暮らす


 

ばらのはなさく

 

4月のブログで

「拙宅のモッコウバラが蕾をつけた」と記したが

そのモッコウバラの開花が
GW直前から始まり、
今は六分咲きくらい。

 


暦の上では

牡丹華(ぼたんのはなさく)だが、拙宅にはボタンの花がないので

薔薇華(ばらのはなさく)といったところ。
 

植付けは5年前

 

購入して、植え付けた時のブログを見返してみると…

 

白モッコウバラを購入。植え付けを。

購入は2012年2月。

そのあと…

 

モッコウバラ(白)、開花はしたものの、花数は少〜しです。

…もう5年が経過して

株元はずっしり!
大きくなったなぁ【モッコウバラ】

…それにしても大きくなったなぁと思う。

 

狭いアプローチガーデンでヤマボウシとこのモッコウバラがほぼ一体化しているので

写真で実感していただきにくいのだが、

兎に角2600円で購入した苗がここまで丈夫に大きく育ち、

コスパの良さも抜群である笑

 

モッコウバラは黄?白?

 

モッコウバラは黄色と白があるが、一般的にモッコウバラというと、黄色の方がそれとして認識されているんではないだろうか。

この時期に庭からあふれんばかりの花を咲かせる勢いは、

白いモッコウバラにはないんじゃないかなと
拙宅の開花の様子を見て実感している。
それが逆にモッコウバラ=黄色のイメージを強くしているといえる。

 

個人的には、このくらいの花数で一面真っ白でなく白いドットのように見せられる方が
寧ろ楚々として穏やか…ホッとするので良い感じ。

 



それから【香り】は白モッコウバラの方にはあるが、黄色にはほぼない?そうだ。

 

  • 白いモッコウ→中香
  • 黄色モッコウ→微香

という記述もあった。

黄色のモッコウバラの香りをそうそう嗅ぐわけではないので
実際のところは不明だが、少なくとも庭仕事をする夕方の白モッコウの香りは『育てて良かった』と思える程の香しさがある。

GWの庭仕事の幸せな副作用である。

トゲがないのも大変結構…ただ、たま〜に突然トゲトゲの枝が出現する(*_*)

 

モッコウバラ今後の手入れ

 

開花後は、剪定施肥
剪定→花後なる早で、次の花芽がつく前に、思い切って剪定。
施肥→お礼肥、というより9月にできる花芽のために【ご馳走】する感じ。

というわけで
今日も白モッコウの下で、庭仕事を愉しむことにする。

植物男子Taichi

お、こんなトコにも白い花。

 

1.拙宅の【大奥】の薔薇     

 

拙宅の小道を彩ってくれる花々。
その大奥?にデン!と構えて数年になるバラ…

 

 

【レオナルド・ダ・ヴィンチ】

今年も蕾をつけはじめた。

 

 

2.素晴らしきバラ【レオナルド】

 

つるバラ ( CL ) の系統ですが【半つる】くらい。

シュラブとは思わないが。

花の形:クラシカルなロゼット&カップ咲き。
個人的な表現では「所謂バラ」「バラらしいバラ」=スタンダードなスタイル。
チューリップでいうと【
原種系のブライトジェム】?



色:深みのあるローズピンク

咲き方:70−80枚ほどの花びらが醸し出すアンティーク&エレガントが秀逸。
花もちも良い。
レオナルド・ダ・ヴィンチは、返り咲きをするそうです、 これはウレシイ。
返り咲き→花柄を摘んだ後、もう一度咲いてくれること



3.【レオナルド・ダ・ヴィンチ】育ててみて

 

耐病性:○

  黒星病にはしょっちゅうかかる。

  うどんこ病は今まで、ない。

枝は誘引しやすく扱いやすい。

コンテナ植え、フェンス、トレリスなど

色々作りやすいと思います。
育ててきた数種のバラの中で、

シュートの発生が一番少ないのも逆に育てやすい?

香り:超微香 … というか、香りはあんまり期待できません…
病気に強い、強靭なタイプのようだから、香りは弱くてもしょうがない、と思っています。
耐病性と香りは反比例している?


4.オススメ度数
 

星4つ

星星星星星

 

エレガントな印象で美しいつるバラ。

ナチュラルガーデンの一角に是非!

 

※フランス Meillad 1994年

植物男子Taichi

 

関連ページ:

気がつけば、6月…見損ねた最盛期。美しい、バラ。

癒しのバラ、返り咲き。レオナルド・ダ・ヴィンチ。

バラ「レオナルド・ダ・ヴィンチ」丈夫なバラですが、さすがに落葉…

 

関連キーワード:バラ,ばら,薔薇,育て方,つるバラ,シュラブローズ,

JUGEMテーマ:バラと暮らす

 

クリスマスローズから始まる拙宅の【開花リレー】
そのクライマックスは
やはりGWあたりのバラ

落葉樹の新緑やグランドカバーが生い茂ったGWに

つるバラ【モッコウバラ(白)】【舞姫】が開花する。

どちらも小ぶりの花ながら、なかなか美しい咲きっぷりである。

 

※現在白モッコウバラは蕾スタンバイ中

 

 

しかしながらこのモッコウバラ。

1苗の高さ50センチ位で購入し、植え付けて暫くはおとなしかったけど、根付いてからはもうスッゴい勢い。

 


暴れっぷりが雑木などより遥かに厄介だ。
簡単に隣家を侵食してしまう。

隣家の方が花好きで

一緒に楽しんでいただけているから助かっているが…。

 


 

花後は剪定しながら結わえたり引っ張ったり…

 

本来はある程度伸ばしても余裕がある所でしか栽培できない。

逆に余裕があれば、こんなに育ってくれるバラも珍しいんじゃないか。

株元のしっかり感はもはや自生している雑木の様?

 

 

花後のツルの伸ばし方は
1日で伸びが確認できそう!←ちょい大げさ

花後の剪定や仕立てなど手がかかるものの、満開になると植えて良かったと思わせてくれるヤツ。もうすぐ開花です!

 

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

暦の上では立春。

鶯の鳴き声はさすがにまだ聞こえてきませんが。

 

さて、もう期限切れ!の、

【バラの剪定】

これは鉢植えのミニバラ。

 

この寒すぎるほどの真冬にバラ一輪、

そう簡単に切れるものではありませぬが

 

 

春の芽吹き〜開花に悪影響を及ぼさぬよう、

ここらで心をオニにして!

まずは枯れ枝から…




新芽の上で切っていきますと、コレがこうなる〜

 

Before

 

☟☟☟☟☟☟☟☟

 

After

 

切り口は小さいですが、一応癒合剤を。

 

これだけ剪定しました。

☟☟☟☟☟☟☟

ちなみにタイトルの【泣き泣きお別れ】は、

オペレッタ【こうもり】からの1曲。

 

さらに、オベリスクに仕立てたつるバラ

【レオナルド・ダ・ヴィンチ】

 

 

葉が数枚残っていて、黒星病。

この葉を残しておくのはよくない!

 

 

葉のついたところを中心に、

少々切り戻す程度の剪定をしました。

 

 

寒いのは苦手ですが…

春に向かって、鋭意スタンバイ中。

 

植物男子Taichi

 

 

 

関連ページ:12月!寒くなったがバラは意外にも…?!

関連キーワード:バラ,育て方,切り戻し,剪定,ハサミ,癒合剤,

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

1