adsbygoogle

本日の気温16℃〜17℃

こちら北大阪、
台風の影響で大雨の警報はでてますが
先週ほどの強風被害はなさそうです。

せっかくの秋の日曜日なのに…

庭に出られないので
リビングから眺める

オリーブの実の画像をば。

 

 

完熟して美しい色になりました〜

 



少なすぎず多すぎず、
ちょうどイイくらいの実つき

10月は緩効性の固形肥料を
【秋肥】として

オリーブの株元に施肥します。

 

秋肥を与えることで、
実をつけた株の
疲労回復
に役立てます。

植物男子Taichi

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 


 

JUGEMテーマ:ハーブ

 

オリーブ関連記事:

1月〜2月【オリーブの木の剪定】

5月のオリーブ【植え替え・用土】

真夏のオリーブ 《摘果 害虫…》

 

《楽天市場》

本日の気温28℃〜36℃

あづいぃ💦

さて、今年のゴールデンウイークに植え替えた

オリーブ《シプレッシーノ》

 



※植え替え時の記事はこちら
👇👇👇👇👇
オリーブ【植え替え・用土】

バルコニーにスッキリと配置したところ…
めっちゃええ感じ、です!(^^)!

 

 

👇👇👇👇👇※画像の左

 


 

◎◎◎◎

植え替え、置き換えを丁寧にやった御陰か…

このオリーブ、今年は実つきが悪くない。

 



こういった感じで

《房なり》に実がなっていると、

各々の実が大きく結実しないそうだ。

こんな時はどうすればいいか、というと…

《摘果して3個程度にする》

のが良いのだろうが、

私は実をしっかりと大きくして調理する、

といった目的の為に育てている訳でもないので、放置〜〜

◎◎◎◎

この時期のオリーブは害虫、特にスズメガの幼虫には注意。
株元にこぼれる黒粒のフンが目印。
私も先週駆除。

 

◎◎◎◎

このオリーブ、真南に置いてあるだけに、日当たりが良すぎるキライも。

オリーブはそんなに暑さに強くないそうだ。

この灼熱の8月はちょっとこたえるかも。今日も屋外は36℃!

 

 

半日で、鉢土はカラカラ。

適切な水やりと、あまりにキツければ半日陰に移動。

 

植物男子Taichi

 

関連記事:

1月〜2月【オリーブの木の剪定】

【オリーブの育て方】10月の秋肥

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

 

JUGEMテーマ:ハーブ



GWオリーブに異変アリ

 

GWに入り、
植物達はたいていモリモリに成長中だが…

 


拙宅のオリーブ
【シプレッシーノ】
今ひとつ元気がない。

 


今年はやけに花芽が少ない。それどころか、
枯れ枝がやけに多いのだ。

 

 

枯れ気味の原因は?


そもそも、
置き場所の日当たりがイマイチで、しかも雨ざらし。 
そのせいで株元が乾くことなく雑草が生え、
加えてマルチングのつもりで落ち葉を株元に放置した所、

 

 


そのせいで

更に乾燥しにくい結果となった(v_v)

多湿嫌いのオリーブに随分な仕打ちだ…(v_v)

更に! フィカス・プミラが鉢底の穴から侵入しているという珍事件も発生!

つる植物はできるだけ自由に!

と、放置気味にしてると、

いつの間にかオリーブ鉢の下を通って

底穴から逆流?して鉢の中に!

 

 

 

 

スゴい!
…と言ってる場合ではない。

こんな状況で、逆によくここまで頑張って育つてくれた!と言いたい。

 

 

 

GWオリーブ対策

 


この際、久々の植え替えも決行!デカい鉢に!

 

 

¥鉢代は、奮発!

 

オリーブを鉢から引っこ抜いて…

鉢底の穴からフィカス・プミラの根を引っこ抜くと

こんなに!!

👇👇👇👇👇

 

こりゃ迷惑。排水もできないし、育つものも育ちません。

 


さて、植え替えしましょか〜

植え替えの用土は少しでも軽い土にしたくて
プロトリーフの園芸用の土【粒状かる〜い培養土】を使用。

 



ドサッと入れ込んだ後に
鹿沼土が結構入っているのに気付く。
用土の袋をチェックすると…やっぱり。

 



ヤバい。
鹿沼土は酸性の土だったはず。
オリーブは乾燥気味が好きなことに加えて

  • オリーブはアルカリ性が好き。
  • オリーブはカルシウムも好き。


分かってるつもりなんだけど作業中にスッと出てこない!
悔しい!

慌てて、【石灰】を株元にスプーン1杯分散布する。

 



この辺が素人なんだなぁ〜(*_*)

嗚呼プロになりたい!

場所も再考。
結果、日当たりのよいベランダへ。

 

 

枯れ枝の整理程度の剪定を施す。

 

また、こんな風に実をつけておくれ!!!
👇👇👇👇👇👇👇

 

植物男子Taichi

 

その後のオリーブ《シプレッシーノ》の様子はこちら

👇👇👇👇👇

真夏のオリーブ 《摘果 害虫…》

 

 

関連ページ:

1月〜2月【オリーブの木の剪定】

【オリーブの育て方】10月の秋肥

 

関連キーワード:オリーブ,育て方,剪定,植替え,用土,酸性,アルカリ性,

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


遅蒔きながら…
新年、おめでとうございます!

 

2017年は更なるナチュラルガーデンの知識を吸収&実践し、

老若男女問わず楽しめるガーデニングの

普及促進につとめたいと思います\(^^ )

さて2017年最初に取り上げるのは…!


【オリーブの木の剪定】

日本(暖地)でオリーブは、
年末から休眠期に入り、
3月中旬から新芽が吹き始めます。


思いっきり剪定するなら、休眠期の今(1月〜2月)が適期。

芽吹く手前の2月が最適らしい
が、

個人的にはそんなに気にしなくてもいいと思ってます\(^^ )

また、 オリーブはそもそも丈夫な木ですから、

ちょっとした剪定なら時期を気にしなくても大丈夫!

さて私が育てているオリーブは
【シプレッシーノ】と、
【ネバディロブランコ】の2種。
今日は【ネバディロブランコ】の1鉢を剪定してみよう。

 


鉢で育ててもう7〜8年になるこのオリーブ。


一度、根が【コガネムシの幼虫】の被害にあって枯死寸前?となったが

何とか乗り越え、今は大き目の鉢でゆったりと育ててます。
ネバディロブランコは、オリーブの中でも特に

横に広がりがちなのがやや難点。
 

今回の剪定での心得は…以下の3点。

◎枝先を均等に切るのは駄目→残せる花芽は残す。
◎ホウキ形のイメージで切るところを大体決めてかかる。
◎枯れ枝、向きがおかしな枝は切る。


…というわけで、

before

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

after



剪定した枝はコレ。剪定ばさみでサクサクと。

この時期、挿し木は成功しないでしょうから、この枝は処分。

 

他の鉢も、2月中に強剪定の作業します。

さて、このオリーブ、今後の予定は…

 ◎1月には寒気にしっかり当てる(花芽の育成)
 ◎2月には寒肥
 ◎3月には植え替え、植え付け
 ◎春には憎き害虫対策【大事】

…忘れないように!

植物男子Taichi

関連キーワード:ナチュラルガーデン,オリーブ,ネバディロブランコ,種類,育て方,開帳性,剪定,強剪定,時期,剪定ばさみ

 

関連ページ:

 

真夏のオリーブ 《摘果 害虫…》

 

異変?! 【オリーブの育て方】@GW

 

【オリーブの育て方】10月の秋肥

 

【害虫】コイツだけは許せない!

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


 

1