adsbygoogle

本日の気温4℃〜11℃

さて今日は多肉植物
【アエオニウム 黒法師】
の話を。

こちらは、昨年12月(1年前)の

アエオニウム黒法師@我が家

 


晩秋〜冬に葉が茂る(v_v)
そう、
アエオニウム《黒法師》は冬型

なのだ。

冬型といっても、
寒い中で
花を咲かせるような
タイプではない。

冬に葉を茂らせるのだ。

或る程度の温度が必要になる冬に、

やせ我慢のように

じゃんじゃん葉を広げる。


異国モロッコ原産の
不思議な成長ぶりだ。

そして5月までには

余計な葉を落として

ちょうど良い感じ。


 

問題は、その後。

今年の10月の姿をお見せしたい。

5月〜10月といえば
普通なら植物は成長期!

真夏を凌いで前後で急成長。


ところがこいつは…
この【黒法師】は夏に休眠する。
休眠期の真夏に

うっかり水やりすると
ひと夏で葉っぱが全滅。

ここまで
落葉してしまった…

👇👇👇👇

 

昨年の夏とは大違いだ。

 

 

【原因】
昨年の夏を乗り切って
安心してしまい、
断水の努力?を怠ってしまった…

つまり他の植物への水やり同様
頻繁に水やりをしてしまったのだ(>_<)

夏の過剰な水やりは
黒法師の命取り
になる。

さてこの黒法師だが
10月に挿し木をした。

 



枝先を人差し指くらいの
長さに切って
4〜5日乾かし、土に挿す。


今はこんな感じ。

 

 


発根しているかどうかもわからない。

切った残りの株は、
植え替えたあと
新葉を出してきた(*^^*)

 


兎に角肝心なのは、
水やりの頻度。
もう少しでコツが掴めるはず(*_*)

植物男子Taichi

 

 

ポチッと、お願いいたします〜!

👇👇👇👇

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 


 

関連記事:

【黒法師の育て方】睨んだまんま…

 

関連キーワード:

多肉植物,育て方,アエオニウム,黒法師,冬越し,成長期,冬,夏,水遣り,水やり,土,葉,落葉する,葉が落ちる,枯れる,挿し芽,挿し木,

 

 

 

JUGEMテーマ:多肉植物

 

《楽天市場》

 

本日の気温4℃〜15℃
最高気温が15℃といっても、
屋外は日差しがなくて寒いっ

 

 

((*_*))


こんな日には、
多肉植物【クラッスラ 火祭】の
真っ赤っか!な彩りが
暖かな感じを与えてくれて

頼もしい(*^^*)

 

 

南側に置いたのが
良かったのだろう、
鮮烈な紅色に染まってますね〜

 

こうなると、白い極小の花よりも
根元からしっかりと
膨らんできている

葉芽の方に目がいきますなぁ。

 

 

さて、クラッスラ《火祭》は

もう一鉢ありますが、

 


こちらは徒長気味。
水やりしすぎたんだろうな

 


ただこちらも、株元では

新芽がしっかりと

赤く染まりながら準備中。

こうなると、株元の新芽たちを優先して

一気に切り戻したくなりますが
切り戻しは春以降の成長期まで待ちます。

秋冬も兎に角、
日光によく当てること。

水やりを控えて育てる
=締めて育てること。

なんにせよ、このクラッスラ《火祭

多肉の中では一番強くて

育てやすいオススメなヤツです〜

 

植物男子Taichi

 

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:最近のマイブーム

 

今日の気温5℃〜11℃

寒い!

夜の体感もめちゃ寒いが
明日の朝は4℃になるそうだ…

11月中旬にして年末並みの寒さ!

(°°;)サムッ

霜にあたると枯れ死する
カネノナルキ(金のなる木)を

屋内に取り込んだ。

 



カネノナルキというのは
もちろん通名

本名(和名)は
フチベニベンケイ(縁紅弁慶)で、
園芸名

カゲツ とも。

 

この植物を「縁紅弁慶」と呼ぶ人は

おそらく誰もいまい…

 

正式名称
クラッスラ・ポルツラケア(英:Crassula portulacea)
そう、カネノナルキは
多肉植物クラッスラの仲間なのだ。

 

例えば我が家のクラッスラは…
クラッスラ ファルカータ【神刀】

 

 


クラッスラ カピテラ【火祭】


 

そしてこの

クラッスラ ポルツラケア

【花月(カゲツ)】

 



この全く似ていない

3種類のクラッスラ。
 

共通項は何なんだ?

クラッスラ 言葉の意味は、
【分厚い】


要するに、

葉の分厚い連中ということか

(^^)ナーンダ

昨年はもう一鉢
カネノナルキがあったのだが、
うっかり
真冬の屋外で凍死(°°;)

 

※うっかり
真冬の屋外で凍死(°°;)した

記事と画像はこの中に
👇👇👇👇

冬越し中のグロッチフィルム・リングィフォルメをじっと観察してみる。

 

さてこの生き残っている

カネノナルキには

しっかりと育ってもらいたい。

 

MEMO

 

  • 春までは屋内の日当たりで管理。
  • 水やりは、ほぼなし。(月2くらい?)

 

 

水やりの鉄則

【かわいたらタップリ】に
慣れてしまっているだけに…
コレはコレで
ややこしいヤツだ(^^;)

12月の地味な開花を
楽しみにしてるよ〜ん\(^^ )

植物男子Taichi


 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

未だに育て方を実感で理解できない

ハオルチア【寿】

 

勝手に育ってモリモリしている。

 

水遣り

 

冬場は隔週に1回くらいだったと思う。

【あげなくてもいい】くらいの気持ちで。

今でも週に1〜2回程度。

 

日当たり

 

直射は【あててはいけない】

拙宅の自室の半日陰

メインの置き場所

 

本来植物にしてやるべき世話をしない

…というのが未だに理解できない。

 

とりあえずGW前後にやってもよさそうな

【株分け】をやってみた。

 

これだけモリモリしてるからには

相当根が絡みあって…

…なかった。

 

根、短っ。

水はけの良い軽い園芸土に

赤玉土小粒を多少加えて


鉢に植え付ける。

このあとすぐ水遣り…

してはいけない。

 

この辺がまた、不可思議である。

数日おいてから株元にそっと水遣り。

 

お前たち、水いらないの?

不可思議である。

 

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:多肉植物

拙宅での暮らしがもうすぐ1年になる
グラプトベリア【姫朧月】

 


出会った時は、ブロンズの腰の据わったオトコマエ。

 

少しずつ成長して…

 



気がつけば、どうも見栄えが良くない。

 


下葉を枯らしながら成長するのは普通としても
あまりにひょろひょろな今のこの姿。
どっしりと育っている風にはとても見えない。

 

なんでこうなる?水やりのし過ぎを疑う。

こうなると
見たことがない
根っこが見たい。

5月は姫朧月の植え替え&挿し木の適期
このまま放置してもしょうがないし、
この際試してみよう。

で、バラしてみた。

 



根は細い。
ハオルチアとは全然違う。

 


幹?のつけ根にあたる部分が、

皮だけのスカスカな状態になっている。
枯れ感。


やっぱり部分的に根腐れしているのでは?

ただ、パッと見では残念ながら判断つかず泣

細い根は生きてるので、ひとまず半分は植え替え。

植え替えた後、

数日は水やりしてはいけない

というのが未だにわからないんだが。

半分は、挿し木にするために茎をカットして数日干す。

 



多肉の皆さんとは

大人になってからの付き合い?

ってことで、

根っこを見ても

なかなか付き合えない。

 

マニュアルとして飲み込めても

まだまだ完全に理解できていない。
続きは後日。

植物男子Taichi

 

関連ページ:【姫朧月】の属名は?いつまで室内に?

 

JUGEMテーマ:多肉植物

本日の気温13℃〜24℃

今日は、アガベ【笹の雪】について。

知人の影響で多肉植物に興味を持ってまだ間がないので、育て方も手探り状態。
アガベも、全力でご機嫌を伺っているつもりだが

うんともすんとも言ってくれない。

 


日々困っているのだが…ん?

 



鉢の縁を囲むように根っこが走っているのは
明らかに異常事態。


う、植え替えていいのか?→狼狽

 

 

アガベ【笹の雪】とは


●学名:ビクトリアレジーナ
(スゴい名前。王朝か?!)
●原産地:メキシコあたり

(イメージしやすい)

 

 

アガベ【笹の雪】育て方

 

●夏型

👉寒さにも強いが霜アウト

👉梅雨の雨ざらし無理

👉水やりは乾燥気味に。

 春〜秋は通常に近い形(乾いたらタップリ)

 冬は月イチ程度  

 真冬は水やりしない

👉植え替えは春〜夏

 

笹の雪と戯れる

 

これからしばらく生育時期でもあり

植え替えるなら今が適期!…というわけで
早速、植え替え。

根っこは結構、良く張るんだな。

 



根鉢が回って枯れてしまっているものは

ちょっとイジると普通にとれて、

結果残った根っこは結構少な目。

 

一回り大きな鉢に。
用土はサボテン多肉の土。
→しばらく水を控えて放置。

 



こうして少しずつ仲良くしていく(o^^o)


植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:多肉植物

意外にも素敵な?赤い花!

 

この、一見地味〜な多肉植物が、
またも花芽を出してきたのです。

 

 

 

 

 

ここからこんな花が咲くんです。

全くイメージの外!

 

※昨年の開花👇👇👇👇

 

昨年、この植物の開花を喜んだ時には

植物の名前をしっかり調べたのだが…

 

…屋外放置で1年近く経って、名前を忘れてしまった!

 

 ※最近、こんなことが多い…

 

そこで

【多肉 赤い花】で画像検索したところ、奇跡的に行き着いた!


【グラプトペタルム・ベルム】

 

ベルム…

ベルム…

 

まてよ?

 

甦った記憶によると、

この植物の鉢に付いていた札(どこかにいってしまった)には


【ベルス】と書かれていたはずなのだ。



タキトゥス・ベルスの正体



検索って便利ですね…解決。以下の通り。

 

【タキトゥス ( タキタス ) ・ベルス】は、一属一種の植物として扱われてきたのだが、現在はグラプトペタルム属に移され、 ベンケイソウ科 グラプトペタルム属の多年草【グラプトペタルム・ベルム】として扱われている模様。

 

ベルスがベルムになった…

グラプト何とか、って名前なら拙宅では
グラプトベリア【姫朧月】がグラプトペタルム近縁種のようだ。

 

グラプトペタルム+エケベリア→→ ( 交配 ) →→グラプトベリア

拙宅にはエケベリアがない
欲しくなってきました…


【グラプトペタルム・ベルム】の育て方

 

●いわゆる春秋型。 3 月下旬〜 11 月上旬の生育期は、戸外で直射日光にあててやる。

 

●冬越しは室内がよさそうだが拙宅では昨冬、戸外の日当たりで霜除けしながら冬越しに成功した。

●水遣りは「迷ったらあげない」普通のガーデニング的な水遣りではダメ。乾いてふた呼吸おいて水遣り、くらいの感覚で。

●植え替えや株分けは、4月か10月。

 

これだけ書いたら覚えられる気がしてきた!

うまく花が咲いたら、続報します!


 

 

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:多肉植物

さて、頂き物のホヤ(サクララン)である。

 



【ホヤ・カルノーサ・コンパクタ】という園芸品種。

こうして花のない時期に見ると葉だけはしっかりついているこの風情に趣があるのか無いのか。

あまり人に見せるものではなさそうだが、

私の嫁さんが、私のInstagramの投稿の中で…

このサクラランの花(昨夏咲いたもの)に一番興味を抱いていたのが
面白かった。

👇👇👇👇👇👇

 

キョウチクトウ科の常緑蔓性低木。
本来は、樹木の幹や岩肌につるを絡ませて生長し、
樹高30〜100cmほどになるそうだ。

変な花だけど存在感バッチリ。
今年も咲かせたいな〜



ひとまずは、冬場にずっと室内に取り込んでいた鉢苗を

屋外に出して春の光にゆっくり当ててやる。

→夏の直射には当てず、
半日陰で花を咲かせる。

ある程度の長さになったら同じ位置で繰り返し開花するそうなんで、
うっかり切り戻しなんぞしてはイケない!のだ。

昨年咲いていたのは、ココだな

👇👇👇👇👇

 

ココから、どう咲くんだろ?

…花も変わっているが、そもそも変わり者だな。

●夏の直射に当ててはイケない
●花が咲いても切り戻してはイケない


忘れそうだな〜

植物男子Taichi

 

関連ページ:8月に咲く花…この花にビックリ!

JUGEMテーマ:多肉植物

 




 

本日の気温8℃〜17℃


今日は多肉植物の

トラデスカンチア【白絹姫】について。

フワフワの綿毛付きの葉が出てきた。

 

 

…これがなぜ涙モノかというと、
冬の枯れ姿が悲惨で、
とても生きてる風に見えないのだ。

 

 

…ね?

 

ちなみに、入手したての頃に書いた記事

👇👇👇👇👇👇

白絹姫とは、また美しそうなネーミングだこと。

 

その後の開花。10月の半ばの写真。

 

この姿から、先ほどの枯れた写真のように

ボロボロの姿を見せられると

無暗に水やりして助けようとしたり、

諦めて引きちぎったりしてしまいたくなるものだ。


【カクトロコ】という多肉植物専門サイトでも、
白絹姫の育て方について…
【安心してください】
という文言が。振るっているなぁ。
確かにそう書きたくなる!

安心してください!また生えます!

肝心なのは、

冬の間は安心して水やりを控えるということだ。

 


植物男子Taichi

関連キーワード:トラデスカンチア,白絹姫,多肉植物,ツユクサ,綿毛,花,ピンク,

JUGEMテーマ:多肉植物

 

昨年の秋、東京・明治神宮前のショップで見かけた多肉植物。

 

ホワイトゴースト

左の方のトゲトゲ多肉

…小さいながら、もの凄い存在感!

名をユーフォルビア・ホワイトゴーストというらしい。

【白の幽霊】…こわっ
覚えやすい名前!

トゲがあるので我が家では育てられない。

購入は諦めたが、なかなか目に焼き付いた多肉植物。

…それが、

高知の牧野植物園でまさかの再会!

 



巨大温室にふさわしいいで立ち。

これがまた、でかい!
 

ユーフォルビア・ホワイトゴースト
ユーフォルビア・ホワイトゴースト@牧野植物園

 

…東京で感じた威圧感は、

この巨大ホワイトゴーストを想起させるものだったのかもしれない。

 


植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:多肉植物

 

そろそろ屋外に出してやりたいルビーネックレス

 

 

だが…
状態はすこぶる悪い。 特に小さい方はこんな様子。

 


いつの間にかツルの下半分がパサパサに。

 

考えられる原因は

●家に入れるのが遅れた。

●水のやりすぎorやらなさすぎ

…正直、コイツの水やり頻度はよくわからないのだ(>_<)

ハオルチアなど他の多肉は、

取り敢えず室内に入れて

乾かし気味に育てて何とかなっている。

ところがルビーネックレスは

器が小さくて土が乾いているのかどうかがよく見えず、水分のコントロールがしにくい。
 

そもそもコイツが水を欲しがっているのかどうかが全くわからない。
結果自然とほったらかしになってしまう。

指南書にかかれてあるほど水は控えめでなくてよいのではないか。

兎に角、まだ若干元気そうな先っぽの部分を使って【挿し芽】にトライしてみる。

まずはツルの先をこのくらいカットして…

 



チョット葉が多すぎかな…まぁいいや。
鉢に土を敷いて切り取った枝先を置いて、土を適度に被せて水やり。

 

 

これでセッティング完了。
さぁ、芽と根、出てくるか?!

植物男子Taichi

 

その後こうなりました!

☟☟☟☟☟☟

上出来!ルビーネックレスの挿し芽

 

関連ページ:ルビーネックレスの花が超意外!


本日の気温15℃〜20℃
とはいえ1日中雨で

肌寒かったなぁ〜(*_*)

さて、軒先に目をやると
コーカサスキリンソウに変化が!

 

11月、小さな株を蒸らしてしまって

小枝1本からやり直し。


 

つい先日までは赤ちゃん状態の新芽が!

 

そして…

その芽と、元の枝先が緑がかってきました。

☟☟☟☟☟☟☟

 


10℃を超えてくると
赤くてちっちゃなコーカサスキリンソウも
成長オン!の状態に。

このコーカサスキリンソウは
学名セダム スプリウム

スプリウムは
ロシアのコーカサス地方出身→日本と比べて乾燥している

蒸れが嫌いで乾燥気味が好きなのも

よくわかる。

そういえば拙宅の
セダム レフレクサム
枝先から緑がかってきてますなぁ。

 

レフレクサムの原産地はヨーロッパ

これまた冷涼な地域の御出身のようで。
セダム属の仲間同志で
育ち方も似ているのかな?


併せてようく観察してみるとしよう。
 


植物男子Taichi

 

 

関連ページ:

【コーカサスキリンソウの育て方】気をつけるのは1点

コーカサスキリンソウ【冬越しのあと】

 

JUGEMテーマ:多肉植物

 

本日の気温(北大阪)4℃〜15℃。
明日の予報では朝2℃(v_v)
まだ5℃を切るのか…

さて今日は、

園芸ファンにはスッカリおなじみの
【セダム レフレクサム】をイジる。

 



◎ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)
◎別名シルバーペット
◎日当たりと乾燥を好む

 



鉢植えで適度に楽しんできたが、本来は

グランドカバーとか多肉の寄せ植えで楽しむとか、もっと用途は広いはず。

拙宅のセダムの育ち方を見る限りでは、

皆さんの備忘録で良く拝見するコメント

【勝手にビッチリとグランドカバーしてくれる】というほど頑張ってはくれない。

何せ肝心の【
露地植えしたい場所

【水ハケ】が悪く、

夏場の【ムレ】が猛烈だから…


夏に溶けてしまった小さなセダムもある
昨年、丈夫と言われる原種チューリップで

露地植えチャレンジしたが腐らせてしまった(v_v)そんな状態…

 

鉢に挿しておくと、ニョキニョキと伸びてくれるのだが…

👇👇👇👇👇👇


 

多肉と思えばわかりやすい。

土が乾いても水をあげちゃいけない暮らしがコイツには必要なのだと思う。
 

少なくとも、

レイズドアップガーデンで

水はけと乾燥を維持する知恵

必要なのだと思う。

【もっと水はけを!】

これがこの1年の園芸テーマの1つ。

適当に挿したセダムが、
いつの間にかグランドカバー…

そんな記事が書ける日を夢見て。

植物男子Taichi

 

関連キーワード:マンネングサ,サカサマンネングサ,覆いつくさない,カバーしない,

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

本日の気温、6℃〜13℃@大阪

 

朝は、体感では明らかに5℃を下回っていた。

今年の3月は一度も20℃を越えなかったそうだ。

なんだか、冬はどんどん寒くなって

夏はどんどん暑くなってるように思う…

地球、大丈夫?

 

 

拙宅の姫朧月

名前の中に【月】が3つ入っている風流さ。

 

以前、ブログに書いた時には、正式名が

【グラプトペタルム】で通っていたと思ったが…

 

その時のブログ

👇👇👇👇👇

グレーで肉厚の葉がカワイイ多肉植物とは(・・?

 

…最近の雑誌など見ていると、

【グラプトベリア】が正しい属のようだ。

美しい名前は日本語の方が覚えやすい。

この際カタカナはなんでもいいのできっちりと統一してほしい。

 

さて下の画像は、昨年6月のモノ。

 

 

この時期は、葉がほぼ地際にくっついているような感じだったものが、こうなった。

 

👇👇👇👇👇👇

 

 

にょきにょきにょきにょき。

ひょろひょろひょろひょろ。

 

ちょっと徒長気味なのが心配。

 

まだ育て慣れていないので、

とにかく【春秋型】を念頭に、

冬の寒さと霜には弱いだろう…

ということでこの数ヵ月は

室内に取り込んだ。

 

シナシナになって株元に落ちている葉は取り去る。

蒸れの原因になると考えたので。

 

割りばしでつまみとったがちと面倒…

 

さて、まだ肌寒いのだが

4月になったし、そろそろ

屋外の日当たりに出す時期かと思う。

 

GWまでには、挿し木と植え替えに挑戦してみる。

 

植物、ダイスキ。

植物男子Taichi

 

続きはコチラ👇👇👇

グラプトベリア【姫朧月】植え替え・挿し木

 

関連キーワード:

多肉,多肉植物,グラプトベリア,エケベリア,薄氷,

 

JUGEMテーマ:多肉植物

 

本日の気温5℃〜12℃。

朝の風がまだまだ冷たい(>_<)。

一昨日の3月20日春分の日…

春彼岸の真っ只中に全開してくれた、
グロッチフィルム・リンギフォルメ【宝禄】



18日に蕾が伸びてきて…

一気に開いた!って感じである。

この宝禄は、

友人の親父殿が昨夏亡くなった時にもらった

『形見』

開花を確認して即、友人にlineで画像を送ったら
『丁度墓参りの帰りに写真が届いた』との事でした。
お父さんが咲かせてくれた?

 

なんとも情趣深い…
で、今朝見たら花を閉じている…?!


日差しで開く性質かな?楽しませてくれるなあ。
ウイヤツ!

生育は【冬型】の、この宝禄…
真冬は土が乾いてから一拍おいて水やり。
3月に入ってからは、水やりの頻度を少しずつ上げて、今は
『乾いたらたっぷり』を励行している。

 

真夏は如何に我慢して水を遣らないか?!が勝負。

不思議な勝負だ…

植物、ダイスキ。
植物男子Taichi

関連ページ:

冬越し中のグロッチフィルム・リングィフォルメをじっと観察してみる。

いつ開花?メセン【グロッチフィルム(宝禄)】

 

JUGEMテーマ:多肉植物

 

関連ワード:多肉植物,育て方,水やり,冬越し,春,開花,開花時期,黄色い花,3月,春彼岸,

 

本日の気温は5℃〜12℃

いよいよ最低気温が5℃を切らなくなってきます…

植物男子が胸躍らす、春。

 

コイツも芽を伸ばしてきました、

付き合いの長いミセバヤ
 


 

枯れ枝を全部切り落とすと、

新芽が可愛らしく並んでいます。

冬の紅葉もなかなかのモンだが

この頃が一番カワイイ。

で、こうしてます。
小物を生かして…

 


 

枝葉の成長に従って

ゆっくりと【水しぶきが飛ぶ】っていうイメージ。
ご理解頂けますでしょうか?

ミセバヤは、
3月(と10月)が【植え替え】の適期。


中心から外れた所からも芽が出てきたんで、植え替え&株分けしてもいいかも。

ミセバヤは兎に角、丈夫で育てやすい。

手間要らず。容姿は好みが分かれるかも…
 

如何でしょうか?

植物、ダイスキ。

植物男子Taichi

 

関連ページ:冬の植物を愛でる…まだある紅葉、そして
関連キーワード:ミセバヤ,萌芽,芽,ロゼッタ,育て方,株分け,植替え,

 

JUGEMテーマ:多肉植物

 

今日の気温は3℃〜12℃
最低気温が5℃を上回るまでは

My植物の【冬の用心】は続く〜

さて先日、神戸のローカルテレビ(植物の番組)で

なんと【メセン】の特集をやっていた。

興味深かったので備忘録的に一部メモっておくと…

まずは拙宅にもある
【グロッチフィルム(宝禄)】


2〜3月開花といってたが
まだ咲いてない。
もしかして、これが花芽なんだろうか?

 

以前調べたら『開花は秋』と書いていたのに…


寒さにはめちゃめちゃ強く、
-5℃くらいでも大丈夫!
なのだそうだ。

 



確かに寒さで傷んだ様子はない。

ひなたに置いて、水やりは『乾いたらソコソコ』な感じでやっている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

さらに…
●スタンダードなタイプの【メセン】
リトープス


コノフィツム


●【メセン】は蒸し暑いのが嫌い
暑いだけなら大丈夫だが、蒸し暑いのはダメ
→→→7月〜9月は殆ど水やりをしないのが吉。

●逆に【メセン】は、冬には強い!

●近頃のオススメ【メセン】
フェネストラリア



他の品種にあるような、頭の部分に【窓】がついている。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

多肉植物は、まだまだ参考になるデータも少ない。

このグロッチフィルムも資料によって花期がバラバラだったり…

それだけに面白くもあるんですが!

 

植物男子Taichi

関連ページ:

開花の訳は…グロッチフィルム・リンギフォルメ【宝禄】

冬越し中のグロッチフィルム・リングィフォルメをじっと観察してみる。


関連キーワード:多肉植物,育て方,グロッチフィルム,リンギフォルメ,

 

 

JUGEMテーマ:多肉植物

暦の上では【大寒】
…暦通り、寒い!

温暖化、温暖化と言いながら、冬はやっぱり寒い。

今年の冬ももう、マイナス3℃まで経験したし。

昨年入手した数種の多肉植物、冬がくる前に屋内に取り込むにも限度があるんで、

屋外でしっかり冬を越えてくれる多肉植物を模索中!

…真冬のMyバルコニー。てゆうか縁側。

 

屋外で寒さに耐えながら冬越ししてくれそうなのが、

【グロッチフィルム・リングィフォルメ】

 



和名【宝禄】
科目 ハマミズナ(ツルナ)科

ハマミズナ科の植物全体のことを
「メセン(女仙)類」や
「メセンの仲間」と呼ぶそうな。

120以上の属に2000近くの原種が

含まれているそうです。

区別がつきにくそうですね〜

メセン類では【マツバギク】がメジャーどころ。
皆さんもわかりやすいでしょ…ドウカナ?

 

 

さて【宝禄】に話を戻しますと…


 

育て方の備忘録は以下の通り。

☆冬越し中、といってもこのグロッチフィルムは【冬型】の多肉植物。
秋〜春が成長期で、 開花は秋。

☆黄色い菊みたいな花を咲かせるそうです。
昨秋には花が咲かなかったなぁ…次の秋に期待!


※のちに【開花は2〜3月】という説を聞きました。まだ拙宅では確認できず。
 

☆水やりのタイミングがまだよくわからない!
今は週一回の水やりで、順調に生育するかどうかお試し中。

☆真夏は鉢を日陰に移動して、休眠させるのがセオリー。

こちらは直射日光に当たって傷んだと思われる【宝禄】の葉。



この宝禄が頑張ってくれている横で【カネノナルキ】は枯死。

氷点下になったとたん一夜でアウトでした(v_v)



皆さんの庭&ベランダの冬越しは如何ですか?

植物男子Taichi


関連ページ:

開花の訳は…グロッチフィルム・リンギフォルメ【宝禄】

いつ開花?メセン【グロッチフィルム(宝禄)】

キクじゃないのにキク【マツバギク】

【黒法師の育て方】睨んだまんま…


JUGEMテーマ:多肉植物

 

関連キーワード:
多肉植物,育て方,冬越し,メセン
,ハマミズナ科,グロッチフィルム,宝禄,屋外,屋内,適温,生育,

 

ベランダであろうが露地植えであろうが、

どんな庭作りでも【開花!】ほどココロオドル時はないだろう。

そしてその花が【超意外な咲き方!】を
見せてくれると…

この時期に…?!
こんな色の…?!
こんな形の…?!

…新発見!

植物達に感謝!感激!なのだ。

特に【多肉植物】は、その珍奇な葉姿が面白くて

育て始める人が殆どなので、【意外な開花】は

余計に意外でウレシスギルのだ。

さて我が家の植物の中でも、

正直花らしい花なんて咲かないと思っていたのが、
【ルビーネックレス】


本来ナチュラルガーデンのラインナップには並ばないモノだが、
『形見分けで頂いたものだから世話してやんなきゃ。』
と思い夏は家の北側で夏越し、先週には室内に取り込み冬越しに備える、と私らしからぬマメさを発揮している!

そのルビーネックレス、
【開花】を発見したのは、室内に取り込もうとした時。



ん、花?

 


花やん!

 

…キクやん!
爪ほどの大きさで、小ぶりなカワイイ黄色の花。


このルビーネックレスの形態からは

こんな【普通の花らしい花】が
想像できなかった。

 



調べてみると、ルビーネックレスはキク科なのだ。

キク科オトンナ属
 

EXILE風に言うと【キク・トライブ】
キク・トライブの草花、まだまだいそうだな。
恐るべし、キク・トライブ!

ルビーネックレス育て方のポイント
◎乾燥気味の管理。
◎綿毛が生えるが虫ではない。
◎挿し芽は春。

 

関連ページ:
救えるか?パサパサのルビーネックレス

キクじゃないのにキク【マツバギク】

関連キーワード:ルビーネックレス,キク科,オトンナ属,育て方,開花,

 

JUGEMテーマ:

 

 

コイツの名前にたどり着くのに、

ちょっと時間がかかった。

娘がくれた『父の日』のプレゼント。
ティアドロップのガラスに植物!


僅かな量の土に、
ポピュラーなセダムと一緒に植えられた、

ちょっと赤みがかった可愛い葉っぱ。

名前がわからなかったので娘に、

『どこで買ってくれたの?』と尋ね、その店に行ったらなんと

『品種名はわからない』とのこと。どんな園芸店なんだ!?

【セダム 斑入り】ベースにググりまくって行き着いた、その名も
コーカサスキリンソウ・トリカラー
…って長っ!

正式名称は【セダム・スプリウム・トリカラー】
(Sedum spurium‘tricolor')

名前に気を取られているうちに

半年が経ち、

コーカサスキリンソウトリカラーは、

ガラスの中で蒸れて、

枝1本を残すのみとなってしまったのだ。


取り敢えずガラスから出してポッドに上げ…


もはや小さな枝1本きり、である。

こうしてみると【挿し芽】のようだが、周囲の小枝が枯れたあとの最後の1本なんで少しだけ細い根が残っていた。
コーカサスキリンソウは、耐寒性も耐暑性も強い!のだが蒸れには滅法弱い。だからガラスの中でちょっと水やりが多くなったりすると蒸れて枯れてしまったのだ。


しばらくすると、
茎に赤い小さな脇芽のようなものが見られるようになった。葉っぱが伸びてくるのかな…

このコーカサスキリンソウ、多湿過湿に弱いならウチの庭ではグランドカバーにするのは無理。

復活できたら、鉢植えにするか…


過湿にせぬ様気をつけながらポッド苗で育てている。

 

関連ページ:コーカサスキリンソウ【冬越しのあと】

 

JUGEMテーマ:多肉植物