adsbygoogle

勤労感謝の日に

勤労してきました。

仕事の合間に、ランチがてら

グランフロント大阪をウロウロ。

広場にスゴイもんが

できてました(*_*)

 


以下、ウェブサイトでみつけたリリース

↓↓↓↓↓↓

2017年のクリスマスのテーマは
「WINTER IN RED」
グランフロント大阪が赤一色に染まります。

 

特に、他では見られないであろう

赤いバラモチーフのメインツリー

フォトジェニックで必見。

 

 

更に今回はU2 ボノ達が設立した

世界的チャリティー団体(RED)との

コラボレーションを日本で初めて実現。

美しく楽しい時間を過ごすのみならず

社会にも貢献できるクリスマスを

この期間に是非ご体験ください。

Red Rose Blossom

北館1Fナレッジプラザには

メインクリスマスツリー『Red Rose Blossom』が登場します。

 

 

数々のイルミネーションを優美にデザインする

長谷川喜美氏とのコラボレーションによる
メインクリスマスツリー

愛や寛大さを表す「赤」と情熱を意味する「バラ」、

2つの意味を大きなひとつのツリーで表現します。

17時からライティングショーも開催いたします。

百聞は一見にしかず
一度ご覧あれ。

植物男子Taichi

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:バラと暮らす

《楽天市場》

本日の気温7℃〜15℃

秋風の強い1日。
所々に差し込む日差しもまた、

秋らしく美しい。

さて今日は、
散歩がてらの観察記。
近所の公園で見つけた…
こんな紅もあるんだ、なぁ。 

 



これ、馬酔木(アセビ)の木

馬酔木(アセビ)って、
花は白いが
蕾(つぼみ)は赤い
んですね。

…今調べたんですが、
花の色がピンクの
アケボノアセビ
ってのがあるそう
なんですが、

この馬酔木(アセビ)は
毎年白い花を見てるんで、

やっぱり赤〜白に
変わるのかな、と。

こんな馴染みの庭木でも、
まだまだわかってないことがいっぱいです(v_v)

植物男子Taichi


 

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:ガーデニング

 


百人一首の句、というものが
ジワリと沁みる年齢になったのでしょうか…

見せばやな 
雄島(をじま)の蜑(あま)の袖だにも    
濡れにぞ濡れし 
色は変はらず


この句を胸に
ミセバヤを愛でる秋。
佳き哉…

 



「人気」という意味では

江戸時代に、その最盛期を

迎えていたという このミセバヤ


今ではちょっと地味…?
ちょっと他にはない

独特のフォルムと丈夫さが、
私は相当気に入っているのですが…

 

しばらくすると、

この縁取りの綺麗な緑の葉が

紅葉してくるのも大変趣深い!

↓↓↓↓

冬の植物を愛でる…まだある紅葉、そして

 

このミセバヤは

別名【玉緒(たまのお)】
ということで、さらに一句

玉の緒よ 
絶えなば絶えね 
ながらへば     
忍ぶることの 
よわりもぞする


…さて、明日から11月
七二節季では 霎時施
(こさめときどきふる)

一昨日は大雨でしたが…(笑)
しかもその前週は
デッカい台風が
爪跡を残し…

 



散々な10月を終えて
天気自体はしばらく
穏やかに安定してくれそう(v_v)

今日の気温は9℃〜18℃

明日もまた、
朝方は冷え込みます、
皆様体調に気をつけて!

植物男子Taichi

 

ポチッと、お願いいたします〜!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

 

 

 

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 

 

 

皆さまおはようございます。

本日の気温11℃〜22℃。

素晴らしい朝日!

 

 

清々しい秋晴れになりそうですね〜

 

さて今日は仕事を休んで

 

ようやく、

先日の台風の後始末ができます…

 

台風の度に家の周囲が

ムチャクチャになるんです…

こんな風に。

 

 

主な原因はこの家の前の松の木。

 





針葉樹の葉は、花壇に落ちると

拾いにくいのが難点。

一日仕事になりそう…


植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

 

 

 

そこそこ大きな街で、

小さな会社の取締役をしている。

 

この経営ポジションにいると

殊更感じることだが…

自分なりに【良い組織を育てる】ことと、
自分なりに【庭園を丹精込めて作り上げる】ことは
同じである。

組織の中で人は、時と共に成長し、
決算の数字もまた貧する時があれば豊かな時もある。

 

一方【庭作り】
同じ宿根草や球根を植えても毎年、

庭全体の表情が変わってゆき、

その時々の環境で

良い姿にも厳しい姿にも変容する。

仕事に使う言葉が、

園芸用語そのものであることも多々ある。

〜根回しする

遅蒔きながら
若い芽を摘む
芽が出る
夏枯れする
もうヒトハナ咲かせる
 等々

 

組織も、庭園も、
未来のある時期にどんな姿になっているかをイメージしながら、

細密な育て方=マネージメントを決めて実行する。

手をかけ過ぎると失敗するが、

ほったらかしでは

余計なモノが生えてきて

満足な姿にならない。

一番大事なのは、
ベースとなる土壌かなぁ。

 


植物男子Taichi
 

コニファーあるある
【突然の枯死】


仕事に向かう途中の風景。

高層マンションの外構にコニファーの巨大生け垣。
なんてことない風景だけど、

 

真ん中の木が枯死してますね。

コニファーって、ある程度大きくなったら突然枯死するって、よく聞きます。
原因は、蒸れによる根痛み、霜に当たる、害虫、大きくなってから強風で根が緩められる…色々考えられるけど

それにしても、こんな並び方だと
枯れ死したコニファーがめちゃめちゃ目立ちますなぁ。

 


大阪市内で良く見かけるのが、

最初はかっこいい外構で木が生え水が流れているんだけど、

植え替えの予算まで考えてなかったのか、
数年後ボロボロの悲惨な姿を晒すことになる。

これは、どういう事情が知らんが
↓↓↓↓

 

扇町プールの外構。干上がっているようだ。

…てことで、先ほどのコニファーも植え替える気があるんだか、ないんだか。
何より緑を大切にする気持ちがそもそもなさそうな事に、ゲンナリする。

 

『大阪の人間は
 木を植えると面積をとられて損、

 と思う気質なんだ』

 

という話を
テレビで見聞した。

関西に、生き永える緑をちゃんと植えていこう!
そのために意識改革を!


植物男子Taichi 

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

街の中で見かけた

満開!のツルニチニチソウ

 

 

拙宅では、オトナリさんから

ツルもタネも自然のままに頂いて
どこからともなく生えてくる。
勝手にレギュラー入りしてそれなりに働く、という凄いヤツ。

さてこの【街ん中ツルニチニチソウ】に目を向けると
植物の名札がある。

 


ビンカマジュール?
キョウチクトウ科?
なんか間違ってる?

もともとは違う植物が咲いてた?

検索すると
ビンカ マジョール
=ツルニチニチソウと
書いてある。

キョウチクトウ科
ビンカ属
学名Vinca major

和名ツルニチニチソウ
(蔓日々草)


ビンカ=ニチニチソウとわかっていてもピンとこなかったなぁ。

ツルニチニチソウは
ビンカマジョール
だった。

せめて日本では
和名で通してほしいもんです。


植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

 

今日は、オーストラリア原産の植物について。

こちらは、なんばパークスの
【パークスガーデン】で見かけた

植物2品種。

まずはこちら。

フェバリウム(ペバリウム)

ミカン科フェバリウム属。

【スクアムロスム】って品種かな…

【ゴールデン・グロー】って流通名もあるそうだが。

どれで覚えりゃいいんだろう?

 

 


もうひとつは【スノーブッシュ


 

【オージー・スノーブッシュともいうらしい。

他国のスノーブッシュも存在するということか?

 



どちらも、この日に初めて出会った植物。

オーストラリア原産ならではの

細葉と小さくて可憐な花がカワイイ。

この2種の、オーストラリア原産の常緑低木。

購入して育ててみたい!と思う一方で…
私は【オーストラリア産】と聞くと

 

育てにくい。難しい。露地植え無理。多湿即アウト!

 

…という印象を持っている。

育てやすい、と記述している各サイトはホントにそう思っている?
何で?と思う。

人気の黄色い花、ミモザもオーストラリア原産

 

拙宅ではウェストリンギア、ニューサイラン。ドドナエア。

ウェストリンギアは、鉢植えで大きく育てて、そのまま露地に置きっぱなしにしてなんとか長い付き合いになっている。



ニューサイランは、外構屋さんが適当に植え付けた場所でひょろひょろに徒長してしまい、これまた大きめの鉢に鉢上げ非難。数年が経つ。

 



ドドナエア。これは、こちらを読んでいただければ。

👇👇👇👇👇👇

【ドドナエアの育て方】紅葉しない?落葉する! | ナチュラルガーデン

ドドナエアの異常。 | ナチュラルガーデン

 

要するに、露地植えでうまくいってないのだ…

そしてユーカリは

小さい頃に根を全部食べられた…

これは植物のせいじゃないか(笑)でも印象としては、ちょっと弱い。

この調子だと、ミモザが突然枯死するなんてことをWeb上よく見かけるが、さもありなんと思うのだ。
赤道を挟んで真反対にあるだけに、わざわざ日本にきて本国と真反対の季節を生きていくということに無理があるんじゃないか?


…とはいえ、手が掛かりそうな分、チャレンジしてみたい気持ちもたかぶる。
 

さてさてさて、

どうするかな?

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:ガーデニング


本日の気温14℃〜20℃

春爛漫!と思うと雨にたたられる、、、
こんな時は、鉢植えの開花株を軒下に入れて愛でるに限る。

さて、こちら。
楚々とした美しい花。

 


花のかたちが星形なので、
英名は
Springstar
とか

spring star flower
とか、

そう名付けられているそうだ。

惜しい!


惜しいな〜
何でこっちの名前で流通しなかったかなぁ。
皆は彼をこう呼ぶ。

 

【ハナニラ

今日、嫁に
【この花の名前知ってる?】ときくと
【ニラ?】と帰ってきた。やはり草姿はニラなのだ。

 



ニラは美味しい。ニラは悪くない。
ただ、この丈夫で春には美しい花を咲かせてくれる植物が

何気に半分雑草扱いされてプレゼントに使われることもなく済まされている、

その現状がこの

【ハナニラ】という名前に集約されている気がしてならないのである。

薄紫の美しい星形の花。

名前ひとつで、人間界のスターになりうる花。
それがこの

 

スプリングスター!



…と、思いながら花を眺める。
亦楽しからずや

植物男子Taichi

 

関連キーワード:ハナニラ,ニラ,イフェイオン,薄紫,花,春の花,球根,ネーミング,花の名前,英名,和名,

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

 


ハクモクレンは、かなり好きな花である。

木に咲く蓮(ハス)、ということでモクレン

なんだそうだが、

葉がつかない枝の先に

柔らかな白色で大きな花を咲かせる様は、

早春に独特の雰囲気を醸し出す。
大ぶりだが楚々として派手さもなく、

とても優美なイデタチに心癒やされるのだ。

大好きなスターダストレビューの楽曲

「木蘭の涙」(もくれんのなみだ)は、

【木蘭】だが、元々は蘭に似ているということで

こちらの方が古いんだそうだ。

さて

拙宅の近所に、高さ3メートル程のハクモクレンがあり、

いつもこの時期に花を楽しませていただいている。

 



このハクモクレンは相当高さを抑えて育てておられるのかもしれない。
というのも、Webサイト上で

【ハクモクレンはモクレンよりずっと大きく高く育つ】

ということを学んでいたからだが…

先日訪れた新宿御苑のハクモクレンの木を見て納得。
これがその写真。



デカい!なかなかの迫力!

 



…こうなると、近所のハクモクレンに程よく癒やされ、

そこで感じていた私の感情はなんだったのか?
…いや、これはこの際別物としておこう。

 

新宿御苑の巨木ハクモクレンは、別物だ。
追い風参考、てヤツだ。


そして明日もまた、木蘭の涙を聞きながら
近所の程よい高さの

ハクモクレンの花に癒やされておくとしよう。

^_^;

植物男子Taichi



 

JUGEMテーマ:花のある暮らし


極上の苗を園芸店でばんばん購入して楽しめたら

それはそれで幸せなんだろうが…

 

巷の園芸家は大抵、貰ったタネから育てたり

安くなった売れ残りの苗を買うべきかどうか悩んだり、

挿し木したり、大株になったら丁寧に株分けしたりして、
少〜しでも節約して

安く園芸を楽しもうとしている筈だ。

モチロン私も

そんな【節約ガーデニング】推進真っ只中の

シガナイ植物男子である。
 

…そんな私に、或る『良い知らせ』が土中から舞い込む。

 

 

これは…こぼれ種から育った【ゲッケイジュ】

 


今や【ゲッケイジュ】【シマトネリコ】は、

拙宅のこぼれ種ツートップ。

 

前の公園から舞い込む【松】と合わせると

【こぼれ種御三家】とも言うべき生育ぶり。

 

ま、どれもそんなにたくさんはイラナイので

無理して育てている訳ではない。

そして、こんな幼苗を発見…

 

これは…【チェッカーベリー】かな?


拙宅には鉢植えでもう数年育てているチェッカーベリーがある。

今は一部が紅葉していい雰囲気を作ってくれている。


葉のくすみ具合などを比べて見るに、

これは相当の確率でチェッカーベリーだろうと。
 

だとすると、

初めての【こぼれ種からのチェッカーベリー。


もう少し暖かくなったら鉢上げしてみよう。
うまく育つといいなぁ〜!

 

こぼれダネ→→→【節約ガーデニング】
 

もうすぐ春の盛りを迎える

我が庭からのちょっとしたボーナスでした(*^^*)

植物、ダイスキ。

植物男子Taichi

関連ページ:
チェッカーベリーは育てやすい?
JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

 

 

大いにに楽しませて頂いているドラマ【逃げ恥】こと、
【逃げるは恥だが役に立つ】
視聴率も絶好調!な流れの中でいよいよ最終回だが、

このドラマにボタニカルな視点を加えた面白い記事を見かけた。

https://lovegreen.net/botanicallife/p61940/


植物男子としては、ミクリという名前の植物がコレなのか…!と画像を眺めて益々ドラマが気に入った。

この【LOVEGREEN】というサイト、昔から
◎『受け売り感』のない良質な記事
◎Instagramの【真上からプランツ】企画など絶妙にいい感じの参加性

…など私にとっては
【2016ベストボタニカルメディア賞】
を贈りたいくらい
【使える】サイトなのだ。

先日、このLOVEGREENを制作する会社の方にお会いした。

お互い植物の好きっぷりがハンパないので私も喋りすぎて申し訳なかった。話の中で植物を広める夢への熱い志と一方で事業継続のための冷静な目線と見識を持っておられることに感服!
全ては植物への愛情から出て<いる事だと思う。

私自身ボタニカルは趣味の域を出られないのだが、

なんとか継続性のあるナリワイに出来ないものか?と

本気で考える今日この頃であった…!

 

関連ページ:植物雑誌が、タダ!【Botapii】

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

 

先日テレビ番組【趣味の園芸】で、
育てたい冬の花ベスト3を発表していた。

もう少しテレビらしく

劇的に発表してほしいものだが

【趣味の園芸】なんで、仕方ないか。

我が家ではひとまず、
全種制覇中〜(笑)


では発表!第3位!

(SE〜ドラムロール)

ジャン!

 

スイセンです!

 

我が家のレギュラースイセン【ティタティート】は開花が春で、

ニホンズイセンに比べるとかなり遅い。

 



でも植えっぱなしで
毎年花が少ないこの時期に芽を出し、
また来た!と楽しませてくれるイイ奴だ。

 

続いて第2位!

(SE〜ドラムロール)

ジャン!

シクラメンです!


園芸初心者時代に育てた園芸品種のシクラメンは

夏越しに失敗して、それ以来ちょっとトラウマ気味。

 


だが今年は種まきした原種シクラメンが

先日発芽してくれたんで、ここからリスタート!
2017はシクラメンイヤーとなるか?!

※シクラメンって、
葉の数だけ花が咲く、ってのは知らなかったな〜。

 

さあ、この冬育てたい花、第1位は〜?!

(SE〜ドラムロール)

ジャン!

 

やっぱりコイツ!

クリスマスローズ!

 

我が家の株分けした

クリスマスローズ【ヘレボルス・ニゲル】

間もなく開花、のはず。

今年の人気ドラマ『ダメな私に恋してください』

で、ディーンフジオカ氏のセリフが印象に残りました。

「死んだ兄貴の好きな花だったんだ・・その花は復活する」

 

週1で、薄目の液肥を施して開花を待ちます。

 

上位3位は、どれも

ナチュラルガーデンにぴったり!の3種ですね〜

なかなかの結果に私も満足( ´∀` )!
 

植物男子Taichi

 

JUGEMテーマ:花の有る暮らし

 

紅葉のシーズンも終わりを告げたが…

あと、あとちょっと!もう少し!


…【紅葉を自宅で愛でるのは

【露地植えの楓】といったものばかりではなく、

ベランダーにもその権利が与えられているモノなのだ!

例えば、この【カシワバアジサイ】露地植えが基本だが

我が家では鉢植えもいい感じ!



もう、枝先にしか葉がついてないが、低いトコロから差す午後の柔らかい陽光と共に癒される。



そして、私の大好きな【ミセバヤ】


鉢から枝垂れる、この肉厚の紅色の葉。
他にはない味わい満点の葉姿である!

朝の寒さはもう完全に真冬だが、
午後の玄関周りは、
半日陰ながら
冬ならではの陽光が心地よく、その光を通して
こうした葉姿を愛でるのが大変結構!

植物、ダイスキ。

植物男子Taichi

関連キーワード:ナチュラルガーデン,冬,紅葉,露地植え,鉢植え,カシワバアジサイ,ミセバヤ,

関連ページ:ミセバヤの成長に合わせて…

 

JUGEMテーマ:深まる秋

1